今やMVNOは増えに増えていて、どこを選んでいいのかわからないと言う人もいるでしょう。しかし、それぞれに違った特徴があるため、一概にここが良いとは言えません。自分に合ったところを選ぶのが一番です。
そうはいっても、何の手がかりもなしで選ぶのは大変ですから、どのようにして選んだらいいのかの基準を考えてみましょう。

まずは自分の利用状況を知る事

自分の利用状況を知る事

MVNOに乗り換える前にしっかり把握しておきたいのが、現在自分が月にどれくらいのデータ通信を行っているかです。
言い換えるなら、データ容量がどれくらいほしいかですね。
端末の設定や、各キャリアのサポートページなどから、3か月分ほどは見ることが出来ますから、それを参考に考えてみてください。

仮に3GBで十分だと言うときには、3GBの容量を提供しているMVNOをピックアップしてみるといいでしょう。
その中で値段が最も安いところと契約する、と言うのも1つの選び方です。
当然3GBで充分足りるのに、5GBで契約したら2GB分損してしまうことになるので、お勧めはしません。

wi-fi環境が整っていて、1か月1GBも使わないと言うのであれば、DMMモバイルやU-モバイル辺りが安いところにはなります。

SNSやLINEは使うか

ピンポイントな話にはなりますが、ほとんど通話もメールもせずに、やり取りはLINEだけ、通話もLINEでんわを使うと言う人は少なくないのではないでしょうか。
また、とにかくSNSで投稿するのが好きだと言う人もいるでしょう。
そういった人はLINEモバイルがお勧めです。

まずLINEですが、格安simを使ってLINEを行う場合SMS付でなければ、認証が行えません。SMSを使って認証が行えても、ID検索など利用できない機能があります。
ですが、LINEモバイルならLINEの機能は全て使うことが出来ます。
しかもどのプランであっても、LINEはカウントフリーでデータ容量を消費しません。

どれだけ画像や動画を投稿しても、友達が投稿した画像や動画を見ても、消費はゼロです(1部対象外有)。
LINEしか使わないと言う場合、データ通信専用にはなりますが、1GB500円で利用することが出来ます。
またTwitterやFacebook、Instagramと言ったSNSが好きだと言う人は、コミュニケーションフリープランを選べば、カウントフリーとして利用し放題になります。

データ容量に対する料金はやや高めになりますが、上記3つのSNSとLINEではデータ容量を消費しないため、データ容量が少ないプランを選べば相対的に安くなるでしょう。
投稿に関しては、どのSNSでも画像や動画問わずカウントフリー内ですが、Youtubeなどの埋め込み動画を見る場合などは、対象外になるから注意は必要です。

埋め込みではなくそのSNSに投稿された、画像や動画であればカウントフリー対象内です。

電話をどれくらい使うか

格安simはキャリアに比べて、通話に関してはあまり力を入れていないことが多いです。
そのためキャリアの通話し放題のようなプランに入り、頻繁に通話をしている人の場合、乗り換えない方が安かったと言うことまで考えられます。
しかし各社いろいろオプションは用意していて、よくあるのが○○分以内であれば何回でも○○円で通話し放題というものと、1か月○○分○○円で通話できるというものです。

例えばnuroモバイルであれば、1回5分以内であれば100回かけても、200回かけても月額800円です。
BIGLOBEでは、月額650円で60分間通話することが出来ます。
何もしなかった場合、20円/30秒と言う値段になりますから、通話を良くすると言う人はこういったオプションがあるところを選んだ方が良いでしょう。

5分より長い通話を、何回もかけると言う場合にはnifmoがお勧めになるでしょうか。
フリーダイヤルなどは対応外ですが、月額1300円でかけ放題になります。
90分で通話が切れてしまいますが、かけなおしても通話料金は取られません。

IP電話になりますから、通話料が取られない代わりに、データ通信が発生するので注意は必要です。

自分で調べて見つける事こそお得への第一歩

見てもらってわかる通り、それぞれ特徴があり「お勧めは?」と聞かれても、なかなか答え辛い状況にあります。
ある人にとっては良いプランであっても、別の人にとってはそうでもないと言うことがあり得る世界ですから、自分の利用状況をしっかり確認して、自分で見つける事をお勧めします。

関連記事