simフリースマホを買うときには、無数にある端末の中から、1台を選ぶことになります。
詳しい人だと、性能面をしっかりと見て買うかもしれませんが、詳しくないとどれを買ったらいいのかわからないのではないでしょうか。
でも、同じ値段なら少しでも、スペックが高い方が良いと思いますので、最低見ておきたい3つのスペックをご紹介します。

見るべきところは2つのCPU

パソコンなどをよく使う人であれば、今更かもしれませんが、CPUは確認しておきたいスペックの1つです。
簡単に言うとスマートフォンの脳に当たるところで、行動の指示や処理はここで行うことになります。
ここの性能が良ければ、単純に処理能力が高くなるわけです。

CPUに関しては、見ておきたいところが2つあります。
1つはクロック周波数で、もう1つがコア数です。
クロック周波数は、1.4GHzとか2.1GHzのような形で表示されているため、比較するのは簡単でしょう。

数字が大きいほど、処理能力が高いと考えてもらって構いません。
Hzの前の一文字は、G以外にもMが入るかもしれませんが、ギガやメガの事なので、わからないという人は少ないのではないでしょうか。
簡単に示しておくと、k<M<Gとなります。1Gは大体1000Mです。

それから、コア数ですが、こちらは数字で書かれてはいません。
デュアルコア、クアッドコア、オクタコアなどと書かれているでしょう。
コア数とは搭載されているCPUの数の事で、デュアル(2)<クアッド(4)<オクタ(8)の順に性能が高くなります。

例えばデュアルコアはCPUが2つある事を示し、クアッドコアはCPUが4つある事を示しています。
2人で働くよりも、4人で働いた方が効率よく仕事が出来るようなものです。
処理能力の高さは、当然クアッドコアの方が高いと言えます。

クロック周波数もコア数も、数字が大きいほど性能が高いとみていいでしょう。
ただしあまりにも処理能力が高くなると、バッテリーの消耗が激しくなる可能性があります。
クロック周波数はだいたい1.2Ghz~1.8GHzで、クアッドコアくらいの性能があれば、不通に使う分には困らないでしょう。

同時に作業できるものに関するRAM

続いて見ておきたいのが「RAM」、「メモリ」ということもあります。
ですが、スペック表では、ほとんどRAMが使われています。
CPUが作業をするための台のようなもので、大きいほど様々な作業が出来て、効率が良くなります。

あまりスマホを使わないという人であれば、1GBもあれば充分ですし、2GBもあれば多くの人が満足できるでしょう。
4GBもあれば、どんなスマホヘビーユーザーでも、納得のいく性能だと言えます。
標準的なスマホだと、2GBになるようです。

通信方式などに書かれる対応周波数

各キャリアはそれぞれ、微妙に違った周波数を使っていて、端末がその周波数に対応していないと、受信することが出来ません。
表記はband○とか、○○MHz・○○GHzのような形です。
例えば業者Xがband1、band5、band18を使って、通信事業を行っていた場合、使う端末が対応している周波数がband3、band7、band20などだと、利用することが出来ません。

また対応周波数がband1だけでも、通信はできますが、対応数が増えるほど安定して通信を行えます。
そのため、対応周波数が多いほど使える可能性は高くなりますが、逆に少なくても自分が利用する会社の回線の周波数に対応していたら、充分です。
ドコモ回線だと、見ておきたいのはband1とband19ですが、band1はどのスマホでも対応しているため、band19があるのかを調べてみてください。
au回線だとband1とband18になります。

またこれまではLTEと呼ばれるものでしたが、あと3G回線についても調べておいた方が良いでしょう。
3Gは音声通話を行うときに使われるものであるため、特に音声通話simを使っている人は要注意です。
ドコモだとみるべきところは、UTMSとかW-CDMAと書かれているところですね。

UTMSとW-CDMAは、表記が違うだけで同じものです。

simフリースマホを買う際には最低限確認を

simフリーの場合、自分で判断して良いものを見つけないといけないでしょう。
そこまでしなくても、最低限スマホとして使えるものを選ぶ場合には、この3つくらいは気にしておいた方が良いかもしれませんね。

関連記事