スマートフォンには様々な機能があります。そのすべてを有用に利用できているという人は少ないかもしれませんが、その中のどれかであれば頻繁に使うという人も多いのではないでしょうか。
だとしたら、MVNOとは?に乗り換えた後も、その機能が使えるかどうかは気になるところですよね。そこで、格安simで出来る事、出来ない事を見ていきましょう。

テザリングはできれば大手キャリアよりもやりやすい

もしもの時にあると便利なのが、テザリング機能ですが、これはsimカードと端末の相性で出来るかどうかが決まると考えていいでしょう。
まず基本的にどこのMVNOであっても、テザリング機能は申し込みをせずとも利用することが可能です。
端末側にその機能が備わっていればいいわけですね。

ですが、1つ気を付けておいてほしいのが、ドコモで購入した端末を利用する場合です。
ドコモ回線のMVNOと契約をしたときに、ドコモで購入した端末をそのまま使うという人も多いと思うのですが、多くの場合テザリングが出来ません。
どうやら、ドコモ端末でテザリングを行おうとすると、接続先が専用のものへと切り替わるのが原因のようです。

これはsimロックとは関係ない領域で行われているため、ロックを解除しても同様に利用することが出来ません。
ドコモ系のMVNOであっても、simフリーのandroid端末であれば利用することが出来ます。
またiphoneですが、利用するMVNOによって利用できるかできないかが変わってきます。

例えばau回線を使うUQモバイルとmineo(Aプラン)ですが、前者ではiphoneでもテザリングが出来て、後者ではできません。
各社動作確認などで、テザリングが利用できる端末かどうかを調べていますので、事前に確認してみてください。

おサイフケータイは白ロムなら可能

白ロムとはsimカードの入っていない(回線解約済み)キャリア端末の事です。
簡単に言うなら、中古端末ですね。
おサイフケータイは、simカードに関わる機能ではなく、端末についているかどうかという機能です。

つまり以前使えていたなら、どこに乗り換えても基本的に使えます。
ただしiDの一部機能に関しては、利用できない場合が多いですから、注意は必要です。
白ロムであれば、大体どの機種であってもついているため、白ロム利用であれば使えないということはないでしょう。

逆にsimフリーのスマートフォンには、おサイフケータイ機能がついていないものが多く、したがって利用できない可能性が高いです。
しかし全くないわけではなく、中には機能として付属しているsimフリー端末もありますから、購入前に確認をしてみてください。

エリアメール(緊急速報)も端末次第

災害が起きた時に、送られてくるエリアメール(緊急速報)ですが、これもおサイフケータイと同様端末にそのメールを受けとる機能がついているかどうかがカギとなります。
ですから、simカードが入っていない端末であっても、エリアメールを受信することもあるそうです。
この機能ですが、キャリアが発売した端末≒白ロムであればほぼ100%利用することが出来ます。

simフリーの端末になると、ついているかどうかが変わってきますが、この緊急速報にもいくつかの段階があるようで、気象庁が発信している速報であれば、ほぼすべての端末が受け取ることが出来るようですが、自治体が発信するものに関しては反応しないものが多くなってくるようです。

自分が必要なものは端末選びから考える

スマートフォン端末が、携帯電話として機能するには、端末とsimカードの2つが必要になります。
そしてその機能は、どちらかに集約されているわけではありません。
simカードのオプションの決めるのも大事ですが、利用する端末にどのような機能があるのかを見極めながら選ぶことも大切になります。

関連記事