SNSやアプリの乗っ取りなど、スマートフォンを利用するにあたって、様々なセキュリティ面の問題があります。
多くの人がウイルスに対して何らかの策を講じているとは思いますが、出来ればそのままでもある程度の防御力は持っていてほしいものです。
そこで、格安simのセキュリティ面についてお話します。

大手キャリアとの違い

格安simだから、特別セキュリティ面に問題があるという話は、聞きません。
大手キャリアだのものだからと言って、絶対に安心という話も聞きません。
ですが、細かく見ると、違いがあります。

まず格安simですが、キャリアメールのようなものがないところが多く、フリーメールを使うことになるでしょう。
キャリアメールだと、初めからブロック機能があり、迷惑メールや不審なメールは送られてこないようになっています。
例えばフリーメールが、デフォルトでブロック対象になっているなどですね。

そのため格安simを使うときには、自分でブロック設定を行う必要があります。
とにかく怪しいメールは開かないことを徹底すれば、あまり気になる問題ではないかもしれませんね。
またキャリアが、契約の時に推奨セキュリティオプションをわかりやすく押してくれるのに対して、格安simだとそこまで詳しく教えてくれないところが多いです。

ですから、気になる点は自分で質問することが大事になります。

危うきには近寄らず

危うきには近寄らず

格安simに限ったことではないですが、安全対策の1つとして、危ないと思うことには手を出さないというのが大事です。
メールの話を先ほどしましたが、ニュースなどで送られてきたメールを開いたら、データを盗られたというものをたまに見かけます。
それも個人ではなくて、大手の企業であったり、国の機関であったりといかにもセキュリティが高そうなところでです。

どれだけ策を講じても、使う人間のセキュリティ意識が低ければ、簡単にウイルスに感染してしまう世界ですから、危ないものには近寄らない精神は大事です。
例えば、信頼できるかわからない会社のアプリをダウンロードするのは、避けた方が良いでしょう。
Google Playなどにあるものでも、審査を上手く潜り抜けてくる可能性は否定できません。

評判などはある程度調べられると思いますので、調べてからダウンロードしてください。
その際権限のチェックは確実に行っておきましょう。
それから、OSを最新バージョンにしてくことや、アプリのアップデートをしておくこともセキュリティ対策になりますから、面倒くさがらずに行うようにしてください。

アプリやオプションを利用する

MVNOであまりオプションの説明がされないからと言って、オプションがないわけではありません。
だいたいどこの会社でも、セキュリティ面のオプションを用意していますから、それを利用するのもいいでしょう。
包括して対策してくれるものもありますが、例えばメールだけといったように、個別にオプションがある事もありますから、自分の利用状況に合わせて選んでみてください。

メールをしないのに、メール対策のオプションを入れても意味ないですよね。
それから、セキュリティアプリをインストールしておくのもいいでしょう。
有料のものの方がより安心はできるとは思いますが、無料だから絶対駄目というわけでもありません。

そこもやはり、自分の利用状況との兼ね合いですから、自分が何をよく使うのかをまずは考えてみましょう。

セキュリティも自分で決める

大手キャリアと違い、MVNOではセキュリティ面でも、自分で必要なものを入れることになります。
面倒かもしれませんが、過不足なくセキュリティを入れることが出来れば、最小限のコストで、最大限の効果を発揮してくれることでしょう。

関連記事