キャリアからMVNOに乗り換えるとき、どのようなことが気になるでしょうか。
料金はもちろん、利用できる機能についても気になるかと思います。
例えば格安simでも、データ専用simに変えてしまった場合には、音声通話が利用できません。

ではテザリングはどうでしょうか。テザリングの簡単な説明もしながら、お話します。

テザリングとは何か

テザリングとは、スマートフォンやタブレットいった端末を、中継地点として、他の通信端末をインターネットにつなげることが出来る機能です。
例えば、wi-fi環境もない屋外など、普通はパソコンでインターネットをすることはできません。
しかし、テザリング機能を使えば、携帯会社(キャリア)の回線を利用してパソコンをインターネットにつなげることが出来ます。

気を付けておくべきことは、キャリアの回線を使っているため、データ容量を消費するといった点と、普段使う時よりも遅くなる可能性がある事でしょうか。
テザリングの方法はwi-fiテザリングと、USBテザリング、Bluetoothテザリングの3つがあり、それぞれどのようにしてスマートフォンと接続するかが違います。
wi-fiテザリングでは、無線LANを利用して接続します。

wi-fiテザリングの特徴としては、複数のデバイスを同時にインターネットに接続することが出来る事と、wi-fiデバイスであればパソコンだけではなく、ゲーム機でもインターネット通信が出来る事です。
USBテザリングではUSBケーブルで、直接機器同士をつなぎます。
有線による接続であるため、wi-fiテザリングよりも高速で利用することが出来るのが特徴です。

最後にBluetoothテザリングですが、無線で接続するという点はwi-fiテザリングと変わりません。
ただし、複数接続が出来ず、速度もwi-fiよりも落ちるようです。
そんな中でBluetoothテザリングの利点は、電池の消費量が少ない事だと言えるでしょう。

端末が充電できない環境で、長時間利用する場合には、wi-fiよりもBluetoothを使った方が良いと言えます。
改めてまとめておくと、通信速度はUSB>wi-fi>Bluetoothになります。

ドコモ系MVNOでテザリングを行う場合

ここからが本題です。MVNO、格安simでテザリングが利用できるかですが、基本的できます。また、利用するのに申し込みが必要なければ、利用するにあたって別途料金も必要ありません(データ容量は消費する)。
ただし、利用端末で変わってくる部分があるため、先にドコモ回線を利用しているMVNOの話からはじめます。

ドコモ系のMVNOはほぼすべてと言ってもいいでしょう。
格安simに移行するとき、ドコモ回線を使うMVNOであれば、ドコモ端末ならsimロック解除の必要がないという話は聞いたことがあるかもしれません。
機種にもよりますが、これは大方当てはまります。

しかし、テザリング機能については別で、ドコモ端末にドコモ系MVNOの格安simを入れても、テザリングを行うことが出来ない場合が多いです。
残念ながら、simロックを解除しても、使えるようにはなりません。
テザリングを利用しようと思ったら、simフリーのテザリング機能付きandroidスマートフォンを利用するのが最も確かだと言えます。

iphoneですが、利用するMVNO次第になるため、確認をしてみてください。

au系MVNOでテザリングを行う場合

au回線を利用しているところは少なく、UQモバイルとmineoのほか、数社しかありません。
利用する端末がandroidだと、auの端末でも、simフリーの端末でも利用することが出来ます。
ただしiphoneに関しては別で、UQモバイルでは利用できるようですが、mineoでは利用できません。

au系の場合、テザリング機能を使えるかどうかよりも、VoLTE機能があるのかどうかの方が大事になります。
テザリングは利用できなくても携帯電話として使えますが、VoLTE関連は上手くいかないと利用できないこともあります。

購入前に確認を

簡単に説明してきましたが、あくまで簡単にですから細かい端末での違いまでは触れていません。
最も確実にテザリングが利用できるようにするためには、各社のホームページを見たり、各社に問い合わせたりして、事前に確認しておくことです。
どうしてもわからないというときには、simフリーのandroidを用意しておいてもいいかもしれませんね。

関連記事