テザリングに失敗した女性

テザリング機能はとても便利な機能です。
旅行先や出張先、ちょっと時間が空いてカフェなどで時間をつぶさないといけない時など、様々な場面で利用している人もいるでしょう。
しかし、これから利用してみようという人は、いくつか注意しておいてください。

対応している機種かどうかを確認しておく

MVNOの場合、事前に申し込みをしておく必要がないところがほとんどですから、使おうと思ったときに使うことが出来ます。
しかし、当然テザリング機能がない端末では利用できませんし、機能がついていたとしても利用できない組み合わせというものがあります。
中でも気を付けておきたいのが、ドコモ系のMVNOと契約している人です。

ドコモで購入した端末に、そのまま格安simを入れているという人も多いとは思いますが、simロックを解除してもテザリング機能を利用できない端末が多数あります。
データ通信や音声通話などはできるため、テザリングもできるだろうと思っている人もいると思いますが、1度問い合わせるなどして、確認しておいた方が良いでしょう。
またiphoneを使おうと考えている人も要注意です。

iphoneでテザリングが行えるかは、契約したMVNO次第になっています。
例えば同じauの回線を利用している、mineo(Aプラン)とUQモバイルですが、mineoではiphoneでテザリングできないのに対して、UQモバイルでは使うことが出来ます。
そのため、別の会社でテザリングできる端末であっても、別の会社に乗り換えるときには確認しておいた方が良いです。

通信速度は遅いことが多い

キャリア、MVNO問わずですが、テザリング機能を使うと、通信速度が遅くなる傾向があります。
MVNOの格安simの場合には、元の実行速度が遅いため、より遅くなると考えていいでしょう。
特に昼時や仕事終わりなどの、多くの人が携帯を使っている中で、テザリングを行うのは控えていた方が良いかもしれません。

テザリングの場合、モデム代わりにする端末と利用するインターネットにつなげたい端末とのつなぎ方でも、通信速度が変わります。
最も通信速度が速いのが、USBケーブルを使った、USBテザリングです。
速度は速いですが、有線のため場所などを取られてしまうのが難点かもしれません。

他の方法でどうしてもうまくいかない時や、遅すぎるときにはこれを使うことを考えてみてください。
次に速いと言われているのがwi-fiテザリングで、無線接続になりますから、モデム端末はポケットに入れたままでも利用することが出来ます。
パソコンだけではなく、ゲーム機器でも利用できますから、使い方の幅は広いでしょう。

バッテリーの消費量は最も多くなります。
最後がBluetoothテザリングで、Bluetoothを利用して接続します。
wi-fiと同じく無線接続になりますが、バッテリーの消費量はwi-fiよりも抑えられます。

プランによってはデータ量に注意する

MVNOの場合利用に料金はかかりませんが、回線を利用しているため、当然データ通信が発生しています。
それはつまり、データ容量を着々と消費していることに異なりませんから、データ容量が少ないプランの人は特にデータ量には気を使いましょう。
データ容量をオーバーしても、携帯が使えなくなるわけではありませんが、テザリングはもちろん、テザリングをせずに端末を使ってインターネットをするのも難しくなります。

頻繁にテザリングを利用しようと考えている人は、データ容量が大きいプランを選ぶようにしてください。
中には使い放題のプランもありますし、nuroモバイルでは1日5時間プランと言って、1日5時間ならどれだけ通信してもいいというものがありますから、そういったプランを選ぶといいでしょう。

もしもの時に便利かもしれません

テザリング機能に関して言えば、ドコモやauといったキャリアよりも、MVNOの方が使い勝手がいいです。
通信速度の問題もありますが、UQモバイルなど通信速度が比較的早いところもありますし、せっかく格安simにしてみたのであれば一度利用してみてはどうでしょうか。

関連記事