SIMのデメリットを実感する男性

何事もデメリットがなければそれでいいのかもしれませんが、なかなかうまくはいきません。それは格安simでも同じことです。
何も知らずに買ってしまった場合、デメリットは悪いものにしか感じられないかもしれません。
しかし事前に把握したうえで買えば、さほど気にならないものも多いでしょう。

場合によっては、関係ないこともあります。
そこで、格安simの大きなデメリットをご説明します。

通信速度が大手キャリアより遅くなる

格安simを提供しているMVNOは、大手のキャリアから回線を借りて運営している状態です。
当然使用可能な回線はキャリア>MVNOとなるため、通信速度は遅くなってしまいます。
ただし遅くなる大きな原因として、借りている回線に対して多くの人が利用していることがあげられますので、人があまり利用していない時間帯であれば、極端に遅くなることはないでしょう。

利用者が多くなるのは、昼休憩の時間帯や、仕事が終わった後の時間帯といったところですね。
これらの時間帯と自分が利用する時間帯をずらすことが出来れば、あまり速度に悩まされることはないでしょう。
またキャリアの携帯ほどの速度が絶対に必要かと言われれば、そうでもありません。

キャリアの場合、実測値としては20Mbps以上と言われていますが、利用するうえで必要な速度は、動画を見るとしても5Mbpsなのだそうです。
メールや軽いアプリをやる程度なら、もっと遅くても問題ありませんから、利用状況次第では気にすることもないかもしれません。

キャリアメールが使えない

キャリアメールとは、ドコモのドコモメールのように、キャリアが提供しているメールの事です。
アドレスの末尾が「@docomo.ne.jp」とか「@softbank.ne.jp」のようになっているものですね。
これらは格安sim下では使用することが出来ません。

キャリアメールは、その会社が提供しているメールサービスですから、解約したら使えなくなるのはあまり不自然はないと思います。
ですが、MVNOにはそういったメールサービスがないところがほとんどで、メールアドレスを提供してくれるところでも、扱いとしてはフリーメールと変わらないとみていいです。

最近では少なくなりましたが、フリーメールでは登録出来ないアプリなどがあれば、格安simでは登録できないでしょう。
またメールが使えなくなりますから、そのメールアドレスで登録しているサービスなどがあれば、乗り換えの前に登録アドレスを変更しておいた方が良いです。
格安simになった場合、フリーメールを使うことになると思いますから、一足先にアドレスだけ作っていても困りません。

難しく考えずに、メールアドレスを変更した時の対応をしたらいいのですが、フリーメールがキャリアの端末では迷惑メールに振り分けられる可能性がある事だけは頭に入れておいてください。
メールアドレスを変更したと送っても、迷惑メールに行ってみてもらえなければ困りますから、事前に事情を説明して設定を変更してもらうか、迷惑メールも見てもらうようにしておきましょう。

クレジットカード払いのみが主流

MVNOではクレジットカード払いが主流になっていて、口座振替を扱っているところは少ないです。
口座振替の場合、書面での手続きがあったり、引き落とし手数料がかかったりとクレジットカード払いの方が、不便は感じないでしょう。
クレジットカードを持っていないという場合には、仕方がないかもしれませんが、おそらくクレジットカードの一本化は経費削減の一環です。

安さのためだと思ってクレジットカードを使った方が良いでしょう。
また最近では、口座振替のところも増えてきているようなので、今後はそちらで不便がなくなるかもしれません。

利用者の使い方次第ではデメリットとは言い切れない

通信速度は連絡手段としてしか使わない人には、あまり重要視されませんし、キャリアメールもあまり使わないという人が増えたのではないでしょうか。
クレジットカードを普段から利用する人であれば利用することがデメリットにはならないと思います。それに、今後はさらに環境は良くなっていくかもしれません。

関連記事