格安simに乗り換えたちと思っているけれど、踏ん切りがつかないという人もいるのではないでしょうか。
乗り換えても、使い勝手が悪くなったら困りますし、そもそも乗り換えるための手続きが面倒くさいですよね。
そこで、乗り換えるだけの価値があるのか、格安simのメリットを見てみましょう。

一番は安い料金で利用できること

料金が安くなること

これがなければ、格安simに乗り換えようとは思わないと思います。
では、どれくらいの値段になるのでしょうか。
仮に容量3GBに通話オプションで1回5分までなら電話し放題を付けたとします。

会社ごとに値段の違いはありますが、音声通話付きsimのデータ容量3GBが1600円程、上記オプションは高くても800円程でつけることが出来ますから、2400円で高速通3GB・5分以内かけ放題の携帯になります。
ただし、通話オプションはあるところとないところがあるため、付けたいのであればサービスを用意しているところから選ぶ必要があります。
何もしないと、格安スマホは通話料が高くなりがちですが、中には通話を重視する会社もあり、nifmoなどでは1300円で時間無制限のかけ放題のプランなどもあります。

このかけ放題を付けたとしても、上記と同じ条件であれば月額2900円で行うことが出来るでしょう。
また容量が3GBでは多い、少ないと思った人は、1GB当たり200円足したり引いたりしたら、大体の値段が出ます。

格安sim!安さの理由はここで明らかに!!

無駄をとことんなくすことが出来る

料金が安くなることにもつながりますが、格安simはデータ通信専用simに様々な機能を付けていくようなイメージ契約をします。
例えば普段通話しないから、音声通話機能がいらないなと思えば、付けなくてもいいわけです。
通話は必要なけれど、認証でSMSは使うから、SMSは欲しいと思えばつけることもできます。

上記2つに関しては、プランとして値段表示されていることが多いですが、多くの会社では音声通話を付けるなら+700円、SMSを付けるなら+150円、月額が多くなります。
これに必要なオプションを付ける形になりますから、パックになっていて不要なオプションがついているものしかない、といった事態は避けられるでしょう。
多くの会社があるため、データ容量に関しても細かく決めることが出来ます。

例えばnuroモバイルなら、2GB~10GB間なら1GBごとにプランがあります。
4GBや6GBのような容量は、なかなか他の会社にはないため、1GB単位での節約が出来るでしょう。

テザリングがデフォルトで可能に

大手キャリアの場合、テザリングを行うために月額料金がかかります。
また申し込みをするという手間もあるのですが、MVNOの場合料金どころか、申し込みも不要なところがほとんどです。
ただし、機能は備わっていても、テザリングを行えないという組み合わせもあり、利用したい場合には動作確認などで事前に確認しておいた方が良いでしょう。

テザリングが出来ない組み合わせをあげておくと、ドコモ端末でドコモ回線のMVNOのsimカードを入れた時やiphoneにmineo(Aプラン)のsimカードを入れた時などです。
前者の場合、利用できる機種もあるとは聞きますが、多くの機種では利用できないため、無理だと考えておいた方が良いでしょう。
後者はホームページの動作確認で確認されていることですから、無理です。

ですが、mineoでもDプランを利用するのであれば、iphoneでテザリングが出来ます。
どうしても気になる場合には、問い合わせるかホームページに確認しに行った方が良いかもしれません。

とにかく安くできるのが最大の特徴

安さだけ目指せば月に500円以内でスマートフォンを利用できるのが、格安simの最大のメリットと言えるでしょう。
テザリングを今回は上げましたが、キャリアだからこそある縛りがない事もまたメリットと言えるかもしれません。

関連記事