即日開通の日付

今や携帯は日々の生活になくてはならないものになったのではないでしょうか。
故障などして、代替機を借りることが出来たとしても、不便に感じる人もいると思います。
そんな中、乗り換えのためとはいえ、何日も携帯が普通になってしまっては困りますよね。

ですから、不通期間なく、MVNOに乗り換える方法を考えてみましょう。

通常の開通方法

格安simに乗り換えるときに、不通期間というのが生まれてしまう可能性があるのですが、それは郵送が原因です。
例えばキャリアの場合で考えてみましょう。
乗り換えるにしても、機種変をするにしても、各社のショップで行うのではないでしょうか。

ショップにもっていけば、その場で開通までして渡してくれますから、不通期間はせいぜい数時間といったところになるでしょう。
しかし格安simの場合、申し込んだ後、MVNOの方で回線を切り替えてから郵送してくることがあります。
MNPを利用したら、回線を切り替えたあたりで、それまで使っていたsimカードは解約される(正確なタイミングまではわかりませんでした)ため、新しいsimカードが送られてくるまでの間、通話が出来なくなります。

wi-fiがあれば、データ通信は可能であるため、フリーメールなどでの連絡はできますが、かなりの不便を強いられるのではないでしょうか。

店頭で手続きを行う

即日開通するために、最も確実なのは、店頭で手続きを行うことです。
MVNOの多くは店舗を持っていないのですが、大きなところになってくると、店舗を構えているところもあります。
そこでなら、キャリアのショップのように即日開通をしてくれます。

しかし店舗があるとは言っても、数は少なく近くにお店がないという人も多くいるでしょう。
また、即日開通に対応していない、店舗も存在しているため、行く前に店舗に問い合わせるなどして、可能かどうかを確認しておきましょう。
大型量販店にスペースを持っている企業になると、もう少し数が増えるのですが、そういったところにいるスタッフは、専門のスタッフではありません。
そのため、即日開通してくれる可能性は、さらに低くなります。

自分自身で回線を開通させる

最近では自分で操作して、開通するようにしているところが増えてきました。
自分で開通させるというと、出来るのか不安になったり、面倒だったりとあるかと思いますが、MNP利用でも送られてきたsimカードを開通させるまでは、それまで使っていたsimカードを使うことが出来ます。
つまり、郵送されてくるまでの不通期間がなくなるわけです。

自分で開通させるとは言っても、生まれる不通期間はどれだけ長くても数時間で収まるでしょう。
やり方がどうしてもわからない、という場合にはサポートサービスがあるMVNOも多いですから、問い合わせてみてください。
MNPを利用する際、転出前の会社からMNP予約番号を発行してもらうと思うのですが、予約番号の有効期限は発行から15日です。

注意する点として、15日を過ぎてしまうと、MNPが行えなくなる可能性があるということですね。
そのため、simカードが送られてきたら、後回しにはせずにすぐに開通作業に入った方が良いでしょう。

不通期間はなくなりつつあり乗り換えやすくなった

格安sim業界の流れとして、自己開通などで不通期間がなくなりつつあります。
1日でも携帯が手元にないと困ると言った人も多いと思いと思いますから、悪い事ではないかもしれませんが、手間が増えてしまったのは否めません。
一長一短の部分はあると思いますが、格安simに乗り換えやすくはなったのではないでしょうか。

関連記事