スマホ回線のイメージ

格安simを取り扱っているMVNOは、それぞれキャリアであるMNOから回線を借りて運営をしています。
利用者から見たらあまり関係ないと思う人もいるかもしれませんが、意外と無視できない要素になっていますから、簡単にまとめてみました。

au回線を利用しているところ

今後増える可能性は否定できませんが、現在では4社がauの回線を使っています。
mineoUQ mobile、fiimo、Iijmioで、この中で純粋にau回線だけを使っているのは、UQモバイルだけです。
そのほかは名称は微妙に違ってもau回線のプラン(Aプラン・タイプA)と、ドコモ回線のプラン(Dプラン・タイプD)の2つのプランを用意しています。

au回線を使う上で気を付けてほしいのが、VoLTEに対応しているかどうかです。
au回線の場合、VoLTE対応simと非対応simがあり、それぞれ端末を合わせる必要があります。
VoLTE対応ならsimならVoLTE対応端末、非対応simなら非対応端末といった具合です。

前もって端末を用意するときには、端末に合わせてsimカードを選べばいいですから、わからなければMVNO側に問い合わせれば大丈夫です。
しかしsimカードを持っている状態で端末を買い、間違えてしまったら、利用することが出来ない可能性が高いです。
問い合わせれば対応してくれるかもしれませんが、すぐにsimカードを使えるということはないでしょう。

また回線元と端末のキャリアを合わせて使う、ドコモで使っていた端末でドコモ回線のMVNOを使う、と言った場合、simロック解除の必要がないと言われていますが、auのVoLTE対応端末はsimロック解除が必要になります。
非対応であれば解除の必要はありません。

softbank回線を利用しているところ

Y!mobileがsoftbank回線に当たるようですが、Y!mobileはMVNOではありません。
ですから、MVNOでないのにもかかわらず、格安simを取り扱っている珍しい会社になります。
Y!mobileですが、通信網はソフトバンクが主になっていますが、イー・モバイルやWILLCOMと言った旧サービスの回線も利用しています。

そのため、ソフトバック回線とは言いづらいところです。
Y!mobileのsimカードを使うには、ソフトバンクでもsimロック解除が必要になりますから、やはり同回線とは言い難い部分があります。
Y!mobileを使うという人は、simフリーの端末を買うか、セットで販売しているものを買ってもいいかもしれませんね。

ドコモ回線を利用しているところ

これまでに紹介したもの以外、ほぼすべてがドコモ回線を利用しているところになります。
とても数が多いため、1社1社紹介することはできませんが、ドコモの端末を持っていると多くのMVNOに流用できるということです。
ドコモにも、VoLTEに対応した端末がありますが、ドコモの場合には互換性があるため、auほど気にしなくて大丈夫です。

色々考えるのが面倒くさいという人であれば、とりあえずドコモ端末を用意するといいでしょう。
ただし、ドコモ回線も良い事ばかりではなく、ドコモ端末だとテザリングが使えないという欠点があります。
端末に機能がついていれば、格安simは申し込みや月額の必要なくテザリングが使えるのですが、ドコモの端末を使った場合にはsimロック解除を行ってもできません。

ドコモ回線でテザリングをしたいという人は、simフリーのものを用意した方が良いでしょう。

基本的には自分の手持ちの端末のところ

色々と述べてきましたが、キャリアからの乗り換えであれば、持っている端末のキャリアのところを選ぶことをおすすめします。
その時のメリットは、simロック解除の必要がないだけではなく、対応周波数について考えなくていいというところにもあります。

関連記事