契約から開通までの流れ

当たり前ですが、格安simを利用するにあたって、MVNOと契約しないといけません。
店舗を介さないで契約するところも多く、店舗を利用しなかった場合、送られてきたsimカードを自分で開通させる必要があり、これが大きな壁になっているのではないでしょうか。
そこで、契約するところから、使えるようにするところまでの流れを簡単にご紹介します。

契約をする前に

契約をする前に、様々な会社のプランを見比べると思うのですが、何を見て決めているでしょうか。値段だけを見て決めてしまうと、あとから後悔してしまうかもしれません。
まずは自分の利用状況を確認してください。

データ通信や音声通話を1か月あたりどれくらい行っているのかを、把握しておくことが特に大切です。そのデータをもとに、データ容量とオプションでかけ放題が必要かを考えましょう。
データ通信に関してみると、格安simにすることで安くなると考えていいですが、音声通話を良くするという場合には、割高になってしまう可能性があります。

自分の利用状況と、MVNOのプランを見比べてちゃんと安くなるのかを確認が出来たら、契約に入りましょう。
その時に端末を新しく購入するのか、今使っているものを使うのかを考えます。
現在持っているものを使うときには、問い合わせるか、動作確認で照会するなどして使えることを確かめておきましょう。

またMNPを利用して、電話番号を引き継ぐ時には、忘れずに予約番号をもらっておきましょう。予約番号の期限は発行後15日ですから、契約は余裕をもって期限切れ10日以上前にやっておきましょう。

オンラインで契約してみよう

多くのMVNOは店舗を持っていなくて、持っていたとしても場所が限られています。
そのため契約はオンラインでする人が多くなるでしょう。
オンライン契約で用意するものは、本人名義のクレジットカードとメールアドレスです。
ただし、口座振替が可能で、こちらを選ぶのであれば、クレジットカードは不要です。

MNPを利用するときには予約番号が必要で、音声通話simで契約をする場合には、本人確認書類を用意しておいてください。
本人確認書類としては、運転免許証・パスポート・住民基本台帳カードなどがあげられます。
本人確認書類記載の住所と現住所が違う場合は、補助書類として3か月以内に発行された住民票や3か月以内に発行された現住所の書かれた公共料金の領収書を準備しておきましょう。
各社のホームページから、申し込みページにアクセスをして、「利用規約等への同意」→「ID・パスワードの作成」→「メールアドレスを入力」という順番で進めます(違う会社があるかもしれませんが)。

ここまで来たら、入力したメールアドレスに確認メールが送られてきますから、そのメールにあるURLからログイン画面に行き、先ほどのIDとパスワードを使ってログインします。
そこで住所や名前、クレジットカード番号などの情報を入力して、最後に本人確認書類の画像をアップロードして、終わりです。
問題がなければ、後日simカードが送られてくることになります。

開通するには? APN設定について

simカードが届いたら、APN設定を行います。
簡単に言うと、データ通信が出来るようにするものです。
用意するものはsimカードと「APN(アクセスポイント名)」「ユーザー名」「パスワード」「認証タイプ」の5つで、全て同封されてくるとは思いますが、なければネットで利用するMVNOのものが見つかります。

androidでのやり方になりますが、simカードを端末に挿入して、「設定」→「その他ネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「APN」の順にタップすると、ドコモ端末であれば「spモード」などと書かれたページになります。
機種によって少し違う為、注意は必要です。
このページに来たら、右上にある「+」マークをタップしてください。

いくつも入力するところが出てきますが、先ほどの「APN」「ユーザー名」「パスワード」「認証タイプ」を入力してください。
それから「名前」に任意の言葉を入れておきましょう。
入力出来たら決定し、ひとつ前の画面で「名前」に入力されたものが表示されていたら終わりです。

MNPの場合、simカードが開通したら転出元との契約が切れます。

自分で作業する部分もあるけれど

ショップで様々なことに対応してくれるキャリアと違い、自分で操作する部分もありますが、やってみるとそこまで難しいものではありません。
またどうしても、APN設定が出来ないというときには、電話サポートがある会社もありますので、電話してみてください。

関連記事