拘りというのは人により異なり、他の人には理解されないということが良くあります。
ですが、傍から見れば無駄なことも、自分にとっては大事な事ですから、周りの意見に流されずに拘りを持つというのも大事ではないでしょうか。
それは格安simでも同じことですよね。そこで、様々な点から格安simを見ていってみましょう。

やっぱり通信速度は譲れない

データ通信を行ううえで、最大速度ではない、実際の通信速度がどれくらいかというのは気になる人もいるのではないでしょうか。
キャリアと比べた場合、どうしても遅くなりがちな通信速度ですが、格安simの中でも安定して速いと言われているのがUQモバイルです。
ドコモの回線を利用しているMVNOの場合、nifmoがお勧めですね。

実際にMMD研究所という調査機関が調べた結果ですから、ある程度は信頼がおける情報だと言えるでしょう。
上記2社以外だと、mineoなども速いとされています。
ここの調査だけではなく、UQモバイルは格安simアワード通信速度部門で2年連続最優秀賞を受賞するほどです。

MMDの調査では実際の速度が15.8Mbpsとされ、次点以降と3Mbps以上の差が出来ています。同じ調査でmineoのAプランが10.6Mbps、nifmoが7.9Mbpsになっていますから、頭一つとびぬけていると言っても問題はないでしょう。
なぜUQモバイルがこんなに速いかですが、KDDIの子会社であるということが大きいみたいです。

MVNOの通信速度は、どれだけ大手キャリアから回線を借りることが出来たのかが大きな要因になります。そのため、大手キャリアであるKDDIの子会社で、便宜を図ってもらっているから速いのだ、という話がありますね。
回線が大事ですから、公式で設備投資などに力を入れていると発言しているところであれば、速度面は安心だと言えるでしょう。

できれば通話も使いたい

できれば通話も使いたい

格安simはデータ通信がメインのような面があり、何も考えず通話ばかりしていると、キャリアの時よりも料金が高くなってしまいかねません。
ですが、キャリアほどではありませんが、通話に対するオプションを設けているところがいくつもありますので、ご紹介しておきます。
まずはnifmoのかけ放題です。

MVNOにしては珍しく、フリーダイヤルなどを除いた、一般的な通話においては上限なく電話をかけることが出来ます。
その理由は専用アプリを通したIP電話であるからです。
1300円で国内通話、2700円で国際通話まで利用できますが、データ通信が発生してしまうことは頭に入れておいてください。

また90分で通話が切れる仕様ですから、その時にはかけなおしてください。
ここからは○分以内なら何回でも通話無料、というものについて話します。
例えばnuroモバイルには1回5分以内なら、何度でも通話できるオプションがあります。料金は月額800円です。

5分以内の通話であれば、100回電話しようが、1000回電話しようが、800円になります。
1回の通話時間が10分になってしまった場合、超過した5分間の通話料を請求されます。
同じようにdtisimなら5分以内で780円、mineoも同じく5以内で850円、BIGLOBEは3分で650円です。

UQモバイルにも5分以内がありますが、データ容量と組み合わさったプランとしてあるため、オプションとして付けることは出来なさそうですね。

とにかくデータ容量を多くしたい!

DMMモバイルのライトプランやUQモバイルのデータ無制限プランには、データ容量というものがありませんから、これで良さそうに見えますが、ライトプランは200kbps、データ無制限プランは500kbpsと通信速度が遅いため、データをたくさん使いたい人には向かないかもしれません。
DMMモバイルライトプランの200kbpsは、データ容量を超えてしまったときに落とされる、低速モードと同速ですから、無制限と言えるかもわからないです。
そこで見ておきたいのがnuroモバイルの5時間プラン。1日5語時間であれば、どれだけ通信しても大丈夫というものです。

例え超高画質の動画を見続けたとしても、5時間であれば高速通信を続けられますし、かなり容量が大きい動画や画像を投稿しても問題ありません。
その代わり、容量があまり大きくない動画を見たときなどでも、時間が消費されてしまいますから、使い方次第にはなってきます。
それでも、月に90GB以上のデータ通信を行っても、月額料金がデータ専用simで2500円というのは破格と言えるでしょう。

サービス内容の変化に敏感に

以前は使い放題プランがあったのに、いつの間にかなくなっていたとか、逆にいつの間にかオプションが増えていたなどが起こりえます。
今は満足できなくても、あとから求めるサービスが提供されるかもしれませんから、情報収集はし続けた方が良いでしょう。

関連記事