スマホのスペックを確認している女性

スマホのスペックにもいろいろあります。特にsimフリーのスマホを買うときには、自分で見ることが出来るという能力は必要になるでしょう。
CPUやRAMと言ったものはもちろんですが、そのほかにも知っておくと便利なスペックがありますから、ご紹介します。

ディスプレイのスペック

スマホを買う上で無視できない要素として、ディスプレイがありますよね。
どれも同じだろうと思う人もいるかもしれませんが、簡単に比較してもディスプレイの大きさは端末ごとに違うものがあります。
標準的な画面の大きさは5インチですから、覚えておくと参考になるでしょう。

映像が綺麗に見えるかどうかを知りたいときには、解像度を見るようにしてください。
多くはピクセル数で表記されています。例えば720×1280といった感じですね。
この例だと横に720ピクセル、縦に1280ピクセルあるということを示しています。

書き方として1280×720という場合もありますが、意味は同じです。
横長のスマホがあるとしたら話は別ですが。
この数が多いほどきめ細やかな映像を足しむことが出来るでしょう。

参考までに5インチの画面だと、720×1280もあれば充分です。
インチ数が増えて、画面が大きくなれば、その分ピクセル数も増えないときめ細かくなりませんから注意してください。
5インチで1080×1920もあれば、かなりの高画質になるでしょう。

HDやフルHDという言葉を聞いたことがあると思いますが、5インチで720×1280だとHD、1080×1920だとフルHDと呼ばれます。
iPhoneなどでは、○○×○○といった表記ではなく、ppiを使われることがあります。
ppiとは1インチあたりのピクセル数を表していて、340ppiもあれば充分だと言えるでしょう。

カメラのスペック

カメラの性能についてよく言われるのが、画素数です。
スマホのスペック表でも、画素数で表示されることが多く、この数字が大きいほどきめ細かい写真が取れることになります。
しかし、カメラの性能は画素数だけで決めることが出来ません。

むしろ画素数を抑えた方が、キレイに摂れるという場合もあります。
だとしたら、どういうものが、と言いたいところですが、多くのスマホのスペック表ではカメラの性能に画素数しか乗っていないため、判断が難しいところです。
そのため、実際に触って確かめるというのが良いでしょう。

そうでなくても、そのスマホで撮った写真などが見られたら、見ておくと良いです。
画素数で言うと、800~1300万画素が標準的で、これよりも大きければ、高性能だと言えます。

ストレージ(ROM)とは

CPUやRAM等、ローマ字だけで表現されるものはいくつもありますが、ストレージ(ROM)もその1つと言っていいかもしれません。
ただ、難しいものではなく、スマホ本体の保存容量の事です。
大きければ、大きいほど、スマホ本体に写真や動画などを保存しておくことができます。

そのため、大きいに越したことはないでしょう。
同じ種類の端末でも、ストレージを選べたり、モデルによって違ったりとほかのスペックよりも融通が利くので、自分に合ったものを選ぶといいです。
ここまで書くととても大事なスペックのように思われるかもしれませんが、仮に足りなくなったとしてもSDカードを利用すれば、どうとでもなる部分ですから、絶対に見ておかないといけないというものではありません。

拘りがあるのであればスペックの確認は必要

今回あげたスペックに関しては、仮に低品質であっても、スマホが使えないとか、使えないアプリが増えるというような重大なものではありません。
しかし、人によってはこだわりたい部分ではあると思いますから、気になったのであれば覚えておいても損はないでしょう。

関連記事