格安simに乗り換えた時に、最初の壁になるのが、APN設定です。
キャリアの携帯しか使った事がない人にしてみれば、何だそれはと思うかも知れませんが、APN設定を行わなければ、データ通信を始めることが出来ません。
そこで、APNについて簡単に説明したいと思います。

APNとは何か

APNはAccess Point Nameの略称で、接続先の事です。
インターネットなどでデータ通信を行う際、契約しているMNOやMVNOのサーバーを通して行うため、どのサーバーに接続したらいいのかを設定するのがAPN設定になります。
雑な説明にはなりますが、MVNOはMNOである、大手キャリアから回線を借りる事で運営しています。

携帯からの電波は回線を通して、サーバーへと送られて、インターネットにつながります。
ですが、MVNOと回線元のキャリアの数サーバーがあり、このままではどこに接続していいのか分からない状態です。そこでAPN設定が必要になります。

その為、ドコモのsimカードを使い、ドコモのサーバーを使ってデータ通信を行うことが出来ていた端末であっても、別の会社のsimカードを入れた場合、APN設定をしなければデータ通信が出来なくなってしまいます。
よくわからないという人は、この設定をしなければインターネットにつながらないというくらいの認識でも問題ないでしょう。

何故大手キャリアでは設定の必要がなかったのかと言えば、会社側が設定をやってくれていたからです。

androidでの設定方法

AndroidかiPhoneかで設定方法が違うため、まずはandroidの設定方法から説明します。
まず「APN」と「ユーザー名」「パスワード」「認証タイプ」が同封されているか、ホームページに記載されていると思いますので、確認しておいてください。
それから開通済みのsimカード(MVNOから送られて来たもの)を挿入後、「設定」→「その他」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」の順番で選択してきます。

すると今までに設定されたアクセスポイントの一覧が出てきます(ドコモ端末ならspモードなどがあるはずです)。
その画面の右上「+」のマークがあると思いますから、そこを選択して、新規APN情報設定画面を出してください。
幾つか入力する項目がありますが、先ほど確認した4つに加えて名前を入力します。

名前はアクセスポイント名で表示される名前になりますから、任意で決めて大丈夫です。
入力後保存してから、画面を戻し、追加されていたら完了です。
追加されたAPNをチェックし、画面上部に「LTE」や「4G」「3G」と言った文字が現れれば成功です。

iPhoneでの設定方法

iPhoneで設定を行う場合には、プロファイルをダウンロードする必要があるため、wi-fi環境が必要になります。
プロファイルのダウンロードページは各社のホームページなどに記載されているはずですから、wi-fiでインターネットに繋げてからインストールしてください。
インストールが完了したら、wi-fi接続を切り、androidと同じように画面上部に「4G」などの文字が出る事を確認してください。

もしも別の会社のsimカードを使いたいと思った場合には、プロファイルを一度削除してから、転出先のプロファイルをダウンロードする必要があります。
プロファイルの削除の方法ですが、「設定」→「一般」→「プロファイル」から削除したいものを選択すると、削除の表示が出ますので、タップしてパスコードを入力して削除してください。
その後上記のように新しい、プロファイルをダウンロードしたら、次のsimカードが使えるようになります。

手順自体は難しくない

手人を文字にすると少し難しいように感じるかもしれませんが、決められたところを順番に選択して、決められたものを入力するだけです。
手順を踏めばあまり難しくないと思いますが、それでも分からないと言う時には初期設定サポートがあるMVNOを選ぶと良いでしょう。
MVNOが販売している端末であれば、APN設定をしているものもありますから、それを購入してもいいかもしれません。

関連記事