au回線の格安sim

MVNOの殆どがドコモの回線を利用しています。ですが、いくつかの会社ではauの回線を使って運営をしています。
au回線の場合、ドコモの回線のMVNOとは少し勝手が違う部分があるのですが、ご存知でしょうか。
そこで、au回線のMVNOについて、少し見ていきましょう。

au回線を利用しているのは4メーカー

以前は2社だったのですが、現在では4社あります。
UQ mobilemineo、Fiimo、IIJmioの4社ですね。
この中で、auにしか対応していないのはUQモバイルだけで、残りの3社はドコモ回線のプランとau回線のプランの2つが用意されています。

これがドコモ回線であれば、ドコモ端末を利用する事で、simロック解除をしなくてもそれまで使っていた端末を利用できて、端末にかかる手間や料金を抑えられると言える所なのですが、auに限ってはそうとも言えない現実があります。
それがVoLTE対応かどうかの話になるのですが、これは後ほど話します。
だとしたらau回線のMVNOを使うにあたって、au端末を使う事に何のメリットも無いのかと言われたら、そうではありません。

au端末であれば、対応周波数がきちんと合っているため、会社を変えたからと言って、極端に電波が悪くなると言う事は起きないでしょう。
何よりauが使っている3G回線、CDMA2000はとても稀有な規格で、多くの端末が対応していませんから、auのものを使った方が良いといえます。

VoLTE対応と非対応

au端末がそのまま使えない可能性がある理由が、VoLTEです。
VoLTE以前であれば、データ通信はLTEと補助的に3G回線が使われ、音声通話は3G回線が使われていました。
3G回線とは、LTEよりも1世代前の規格と言って良いと思いますが、要するに古いため通信速度が劣っている規格になります。

余談ですがCDMA2000は3G回線の規格の1つで、ドコモやソフトバンクではW-CDMA(UMTS)と呼ばれる規格が使われています。
規格が異なるため、W-CDMAに対応していても、CDMA2000が利用できるわけではないと言う事は頭に置いておいてください。
閑話休題と言う事でVoLTEとは、LTE回線で通話も行うという技術です。

CDMA2000とW-CDMAとの関係とは違って、あくまでもLTE回線に関する技術です。
その為というわけではないと思いますが、simカードにもVoLTE対応のものとそうでないものとがあり、端末にもあります。
VoLTEを使いたい場合には、VoLTE対応のsimカードと端末が必要なのですが、ドコモだと対応と非対応に互換性があり、VoLTE対応のsimカードを非対応の端末にいれても、VoLTEが使えないだけで利用は出来ます。

しかしau回線は勝手が違い、VoLTE対応simはVoLTE対応端末でないと使えませんし、VoLTE非対応simは同じく非対応でないと使えません。
またVoLTE対応simを使う場合には、au端末であっても、simロックを解除する必要があります。
非対応であれば、simロック解除の必要はありません。

こういったある種の面倒くささが、au回線を使っての参入の妨げになっているのかもしれませんね。

VoLTE対応のsimフリースマホなら利用できる

au回線のVoLTE対応simを使う場合、simフリーでVoLTEに対応している端末であれば、そのまま利用することが出来ます。
simロックを解除する手間がかからない分、こちらの方が良いという人もいるかもしれませんね。
ただしVoLTE非対応のsimカードを使おうとした場合、CDMA2000に対応した端末が少ないため、利用できないと考えた方が良いでしょう。

今後VoLTEへの移行が進んで行くと思いますから、今からsimフリーのスマートフォンを買って、au系のMVNOと契約しようと考えているのであれば、VoLTE対応端末を選んだ方が良いでしょう。

わからない点はホームページを見る

ここまでして、au回線のMVNOを使う意味があるのかと思われるかもしれませんが、UQモバイルは通信速度がMVNOの中で最も早いと言われていますし、mineoのAプランも速い部類です。しかも評判も悪くないため、手間をかけて契約してみる価値はあるでしょう。
いまひとつVoLTEについて分からなかった時は、各社のホームページの動作確認に、対応しているかどうかも書いていると思いますので確認してみてください。

いっそサポートセンターなどに問い合わせてみるのもいいかもしれませんね。

関連記事