Pocket

携帯電話を使用する女性

格安SIMと言っても、様々な種類があります。まずは利用している回線が、ドコモであるか、auであるかというところから始まり、auだとさらにVoLTEに対応しているかどうかでも分かれます。
そこで、VoLTEに対応しているのかどうかで、私達消費者の側としては、どのようなことに注意しないといけないのかを考えてみましょう。

ドコモ回線の格安simを利用する際のポイント

格安SIMを取り扱っているMVNOにもたくさんあり、全てを確認したわけではありませんが、VoLTE対応の端末を利用することで、ドコモ回線ならVoLTE通話を行うことが出来ます
ドコモ回線のMVNOを使うということで、ドコモの端末をそのまま使うという人もいるかと思いますが、その端末がVoLTEに対応していたら大丈夫です。

SIMロック解除などは必要なく、それまで通り利用することが出来ます。
では逆に、VoLTEに対応していない端末を使うときはどうなのかというと、これもあまり気にする必要はありません。
ドコモではVoLTEによる、SIMカードの違いはなく、相互性があるため端末が対応しているかどうかは、問題にはならないようです。SIMフリー端末でも同じことが言えます。

au回線を使うときの注意点

ここまで読んでもらったらわかると思いますが、au回線の場合、VoLTE対応SIMとVoLTE非対応SIMの2つが用意されています
もしもVoLTEを使いたいというのであれば、VoLTE対応SIMとVoLTE対応端末を用意しないといけません。
それ自体はあまり違和感ないと思いますが、auの端末を使う場合には、もう少し面倒くさい話になります。

まずVoLTE対応の場合、auの端末であっても、SIMロックを解除しないといけないようです。VoLTEに対応してない場合には、解除する必要がありませんから、混同しないように注意してください。
それから相互性がなく、対応非対応が厳密に分けられています。

どういうことかというと、VoLTE対応端末にVoLTE非対応のSIMカードを入れても、使うことが出来ません。
同様にVoLTE非対応端末に、VoLTE対応のSIMカードを入れても使えません。
実際に契約する際には、持っている端末に合わせて選ぶためあまり問題にはならないかもしれませんが、新しく端末を買おうと思ったときには関わってきますから、気を付けておきましょう。

SIMフリーであれば問題なく利用できるのかについてですが、au端末と同様に、VoLTE対応SIMには対応端末を、非対応SIMには非対応端末を使った方が無難です。
今後VoLTEが増えていくことを考えると、初めからVoLTE対応で揃えておいた方が良いかもしれません。

simロック解除しても回線元端末を使った方がよさそう

本来SIMロックを解除したら、どのSIMカードでも使えるようになるはずです。
しかし、VoLTEなどの要素が絡んでくると、上手くいかないことがあります。
例えばドコモのVoLTE対応でSIMロックを解除した端末であっても、au回線のSIMカードを使うことが出来ないという話もありますし、mineoなどMVNOによっては、原則として他社の端末は利用できないものとしています。

ドコモを使っていたけれど、au回線の格安SIMに転出したいと考えている人もいるかと思いますが、その場合はドコモの端末を使うのではなく、SIMフリー端末かauの中古端末を買った方が動作保証されている可能性が高いでしょう。
そうでなくても、ドコモとauの周波数は一部を除いて違う為、利用可能エリア的にも他社端末を使うことはおすすめしません。

自分の持っている端末が使えるかは問い合わせるのが一番

VoLTEの話になると、少し難しい部分も出てくると思いますから、よくわからなかったという人は、各MVNOに自分の持っている端末でも使用可能どうかを問い合わせてみるといいでしょう。
問い合わせまでしたくないという場合でも動作確認一覧がありますから、一度ホームページでの確認をおすすめします

関連記事