とにかく安いdmmモバイル

念のために持ってはいるものの、あまり携帯を使わないと言う人にとって、基本料金は負担でしかありませんよね。そうでなくても、基本料金分もスマホを使っていないと言う人もいるでしょう。
そんな携帯電話は連絡用で、動画やwebの機能は必要ないと言う人は、DMMモバイルへの乗り換えを考えてみてはいかがでしょうか。

1か月500円以下のライトプラン

スマートフォンを持つにあたって、どのMVNOであっても最も安いプランで500円を下回ると言うことは殆どありません。
しかし、DMMモバイルは500円を大きく下回る440円のプランが存在します。
その名もライトプラン。携帯電話を使う際、データ容量と言うものがあり、1ヶ月の間にその容量を超えてしまった場合、低速モードに移行します。

MVNOだと最大200Mbps以上ある通信速度(実速10Mbps程度)ですが、それが200kbpsにまで落とされます。最大速度と比べた場合、1000分の1以下(実速だと50分の1程度か)の速度になるわけですね。
ライトプランと言うのは、常にこの低速モードにある状態と考えてもらえるといいでしょう。

通常の速度よりもかなり遅くなるとはいえ、文字情報がメインのwebページや、SNS、音楽のストリーミング、軽いゲームくらいなら使えますし、メールも問題なく使えるでしょう。
どうしても高速通信がしたいのであれば、wi-fiに繋ぐことで利用することが出来、この状態であれば動画なども見られます。
ですが、実はDMMモバイルにはデータ通信1GBの480円のプランがありますから、ライトプランよりはこちらを選んだ方が良いかもしれません。

以上は全てデータsimの話になりますから、音声通話が付いた通話simを使いたいのであれば、ライトプランで1140円、1GBで1260円になります。

低速でも快適なバースト転送

DMMモバイルのsimカードには、バースト転送と呼ばれる機能がついています。
バースト転送とは、低速モードの時でも読み込み時のほんのわずかな間だけ、高速で読み込むことが出来る機能です。
短い時間ですから、画像が沢山あるようなwebページを読み込むことは難しいですが、文字が多いページやツイッターのタイムラインなどは、バースト転送が働いている間に読み込んでしまえます。

そのため、バースト転送がついていないものに比べて、低速時であっても快適にスマホを使うことが出来るでしょう。
ですから、ライトプランに加入しても、全く使えないと言うことはないはずです。
むしろバースト転送があるからこそ、ライトプランを発表できたのかもしれませんね。

この機能があったところで、低速モードは耐えられないと言う場合には、容量を追加で買うことが出来ます。
料金は100MBが200円、500MBで600円、1000MBで1100円です。
容量が大きいほど安くなりますが、必要分だけ買った方が良いかもしれませんね。

実は1000MBを480円で追加できるのですが、それはあとからご紹介します。

容量を上手に使って格安でストレスフリーな通信が可能

DMMモバイルでは余った容量は翌月に持ち越しになります。そのため、旅行などで容量を使いそうだなと言うときには、前月に使用を控えるなどしたら、外でも存分にスマホが使えるでしょう。
この持ち越しですが、追加購入分も反映されます。

そのため、余計に購入してしまったとしても、全く無駄になると言うことは少ないかもしれません。
ただし、1000MBを480円で購入したものに関しては、翌月繰り越しはありませんから注意が必要です。
それから、低速モードで出来る事を、高速通信で行い容量を使ってしまうのはもったいないですよね。

DMMモバイルは高速通信と低速通信を手動で切り替えることができ、低速時には容量の消費を失くせます。
ですから、普段から高速通信をOFFにしておいて、必要な時にだけONにすれば容量の節約が出来るでしょう。
また、シェアコースも用意されていて、容量を分け合うこともできます。

2台目としても優秀な存在

スマホの2台持ちと言うのは、最近では珍しくなくなりました。
DMMモバイルならその安さから、さらに2台持ちに対するハードルは下がる事でしょう。

関連記事