契約してしまう前に試してみたい、2年縛りに囚われず毎年発表される新しい端末を使いたいと考えている人は少なくないのではないでしょうか。
同時にそんなうまい話はないと考えているかもしれません。
しかし、dtisimならこの2つの悩みを解決してくれます。

料金は業界最安値に近い

dtisimの料金

1GB 3GB 5GB 10GB 15GB 20GB
データプラン 600円 840円 1220円 2100円 3600円 4850円
データSMSプラン 750円 990円 1370円 2250円 3750円 5100円
音声プラン 1200円 1490円 1920円 2800円 4300円 5550円

dtisimはお試しと言ったサービスもそうですが、料金が安い事も見逃せないMVNOです。
ホームページ内の料金案内では、3GBと10GBが業界最安と紹介されています(2016年12月19日時点)が、1GB、5GBでもかなり安い金額になっています。
ただし、15GBと20GBでは高めだと言えますので、10GB以下であれば料金的にはdtisimを選んでも大丈夫でしょう。

またdtisimにはネット使い放題のプランも存在しています。
料金はデータプランで2200円、データSMSプランで2350円、音声プランで2900円です。
使い放題ではありますが、通信量が他の利用者の平均を著しく超える場合には、速度制御がなされます。

制御されてしまった場合、毎日23:00に解除されますから、月初めに規制されたからと翌月まで低速モードということはありません。
また制御される目安として、1日もしくは連続する2日の通信料が1~3GBでは制御の対象にはならないそうです。
また制御対象になる可能性があるときには、アラートメールが送られてくるので、安心はできます。

半年間のお試しプランは試す価値あり

dtisimには半年間、実際に格安simを試すことが出来るプランがあります。
データプランやデータSMSプランだと、容量3GBで半年間月額0円です。
他社と契約していても、利用することはできますから、例えばドコモと契約をしていて格安simがどのようなものかを試してみたい、という場合などに便利です。

dtisimがドコモ回線を使っているため、ドコモの端末を使っている場合、新しい端末を用意する必要はなく、普段使っているものにdtisimのsimカードを差し込めば大丈夫です。
ですが、一応持っている端末が利用できるかは、確認しておいた方が良いでしょう。
月額は0円ですが、初期費用の3000円だけはかかります。

そのため、正確には3000円で半年間試すことが出来るものになりますね。
半年が過ぎた場合、自動的に3GBのプランに移行しますが、移行する前であれば割いて利用期間もありませんから、無料で解約することが出来ます。
お試しプランにはもう1つ、電話定額プランの3GBがあります。

しかし、こちらは月額1480円必要であり、12か月の最低利用期間がありますから、本格的に乗り換えようと思わない限りは、通話はできませんがデータプランの方で試した方が良いでしょう。

1年間の端末レンタルオプション

端末レンタルオプション

ditsimには端末のレンタルオプションがあります。
端末代金の24分の1を毎月支払って、レンタルすることができて、1年後に別の機種に買えることもできるオプションです。
このオプションを使ったからと言って、端末価格が安くなると言うことはありませんが、毎年端末を変えたいと考えている人にとっては、端末代金の半額が安くなります。

例えば端末代金48000円のスマホをレンタルした場合、毎月かかる料金は2000円です。
1年後、つまり24000円分払ったところで、希望すれば別の機種に帰ることが出来ます。
その端末代金が同じく48000円だった場合、次の月から1回目としてまた2000円ずつ払います。

通常であれば1台目の料金48000円も払う必要がありますから、結果として24000円得して機種を変えることが出来たとみることが出来ます。
もしもレンタルしてみて、その機種が気に入った場合には、1年が残りの代金をすべて支払い購入することもできますし、同じ機種でもう1年レンタルを継続することもできます。

レンタルを継続した場合は、24か月経ち満額支払った段階で、購入したことになるため、端末代金以上の金額を取られることはありません。
更新期間に手続きをしなかった場合、自動的に継続レンタルになりますから注意が必要です。
このスマホレンタルですが、現状iphone6s 16GB スペースグレイしか取り扱っていません。

面白い試みですが、もう少し取り扱い端末が増えるまで待っていた方が良いかもしれませんね。

格安スマホがどういうものかを体験するにはもってこい

格安simはデータ専用simの方が料金が安くなるため、音声通話なしでどこまで出来るのかを確認しても良いですし、2台持ちの2台目としての使用感を確かめるのでもいいでしょう。
半年という長期間試せるのも珍しいですから、一度自分に合っているのかお試ししてもいいのではないでしょうか。

関連記事