Pocket

技適マークを確認する女性

日本には様々な法律があります。中には、日常生活の中では耳にしたことのない法律も沢山あると思います。今回は、そんな法律に関係して、スマートフォンのような通信端末に求められる技適マークについて説明します。
技適マークがついているかを確認しておかないと、法に触れてしまうかもしれません。

技適マークに関する注意点

技適認証を受けた無線機につけられるマークで、総務省が管轄しています。
認証を得るには、日本の電波法で決められた技術の基準に適合している必要があり、技適マークがついていない無線機器を使用することは、電波法に抵触します
技適マークがついていない、定められた技術に適合していない機器は、他の電波に干渉して社会に混乱を招いてしまう恐れがあります。

消防無線など、電波が干渉したもの次第では人命にもかかわってくるため、法律違反というだけの問題では済まない可能性があり、責任を持って確認する必要があります。
とはいえ、日本で販売されている端末の多くは準拠しています。気を付けるべきは、海外のSIMフリーのスマホを購入した場合などです。何故ならば、対象となっているのが、「日本」の電波法で決められた技術というところです。

技適マークは日本が定めたルールですから、海外では技適マークがなくても使用上は問題ないということになります。
そのため、海外に住む友人が日常的に利用している端末を日本に持って使用した場合には、違反になるということが考えられます。
さらに気を付けて見ておきたいのが、どこの国で使うことを目的として作られた端末であるかということです。

iPhoneのように、世界中で発売されている端末だと、各国に合わせて微妙に仕様が変わっている、受けている認証が違っていることがあります。
日本向けに販売されているものには、技適マークがついているけれど、同一機種の海外向けの端末にはついていない可能性があります。
いくら技術的に問題なかったとしても、技適マークがなければ違反になってしまいますので、注意が必要です。

現在使っている端末の技適マーク確認方法

ここまで読んで、自分のスマホは大丈夫だろうかと思った人もいるのではないでしょうか。
興味本位にどんなマークなのか、見てみたい人もいるかもしれません。
技適マークの確認方法はiPhoneだと簡単に行うことが出来ます。

まずは設定を開き、「一般」→「情報」→「法律に基づく情報」の順に表示させていってください。
そこまでくると、「認証」という項目があると思いますから、それにタップすれば見ることが出来ます。
androidだと難しいというわけではないのですが、どこにあるのかが機種によって違う為、探す必要があります。

iPhoneと同様に本体情報の中、「本体設定」→「その他」→「端末情報」→「認証情報」などで見られることもありますし、本体の電池部分に書いてあるものもあります。
本体情報の中でも、上記とは違う場所にある機種もあるでしょう。

総務省のホームページを利用して調査が可能です

管轄しているhttp://www.tele.soumu.go.jp/giteki/SearchServlet?pageID=js01で、技術基準適合証明等を受けた機器の検索を行うことが出来ます。
これを利用することで、まだ購入していない端末についても、技適認証を受けているかどうかを見ることが出来ますから、前もって調べておくと良いでしょう。
調べ方は、技術適合証明番号で調べるか、型式とモデル番号から調べるかの2種類ですが、前者は調べようがないことがあるため、後者になることがほとんどだと思います。

ただし、すべての会社が、型式やモデル番号を公表しているわけではありませんから、最悪調べられないかもしれません。
その場合購入をあきらめるというのも1つの選択肢なのかもしれません。

技適マークのチェックは最重要

キャリアやMVNOでセットで購入したものに関しては、技適マークはついていますが、問題は個人で購入した場合になります。
個人で購入する場合には、対応周波数や付属している機能など気にしておきたいものはありますが、これらは確認を忘れても、捕まることはありません。
ですが、技適マークは確認し忘れると、使い始めてから大きなリスクを抱え、トラブルの原因となりますので、購入する前に確認するようにしてください。

関連記事