SIMのロック解除について

SIMロックの解除というと、どうしても専門的な言葉のために距離感を感じる方も少なくないと思います。少し複雑に感じるかもしれませんが、ドコモの端末に対してUQ mobileでできるのと同じように、au回線を使用しているMVNOのSIMカードを使いたいときには、必ず必要になる作業です。
そこで今回は、どのような時に必要になる作業なのか、SIMロックの解除について、分かりやすく説明します。

他社のsimカードを入れるとき

SIMロックとは、自社の端末において、他社の回線を利用できなくするもの、という認識で間違いありません。
そのため、他社のSIMカードを入れて端末を利用したいときには、SIMロックを解除する必要が生じます。
キャリアの端末にMVNOのSIMカードを入れるときだけではなく、キャリア同士のSIMカードを入れ替えて利用したい場合にも、必要な手続きとなります。

つまり、SIMロックを解除すれば、ドコモ端末に、ソフトバンクのSIMカードを入れて、利用することが出来るということです。
ここで注意していただきたいのは、「他社の回線」という部分です。
MVNOはキャリアから回線を借りて、通信事業を行っています。

例えば、専門的な言葉のために距離感を感じる方も少なくないと思います。少し複雑に感じるかもしれませんが、ドコモの端末に対してUQ mobile(UQ モバイル)であったならば、auの回線を利用しています。それ以外のほとんどのMVNOはドコモの回線を利用しています。
つまり、ドコモの端末であれば、ドコモ回線のMVNOのSIMカードを使う場合に、SIMロック解除が不要になるということです。

auのVOLTE対応には注意が必要

手元の端末と回線のキャリアが一致していたら、SIMロック解除は不要と言いきれたら簡単なのですが、残念ながら、そういう訳にもいきません。
現在スマホにはVoLTEという技術に対応しているものと、していないものがあります。
同様に、SIMカードにもVoLTE技術に対応しているものと、していないものがあります。

ドコモであれば対応と非対応で相互性があって、気にする必要はないのですが、auでは注意が必要です。
簡単に言うと、非対応端末には非対応SIMカードである必要があり、VoLTEに対応している端末には対応しているSIMカードが必要ということになります。
また、非対応同士の時には、SIMロック解除は必要ありませんが、VoLTEに対応している場合には、いかにau端末であっても、SIMロック解除が必要になります。

au回線に限らず、手持ちの端末を使って、MVNOに乗り換えるときには、端末が対応しているのかを、調べるか、問い合わせるか、してみることをおすすめします。

simロックを解除しても意味がない事

格安SIMの利用を始めて、使いたい機能が使えず、もしかしてSIMロック解除をしないといけなかったのかなと、感じることはないでしょうか。
例えば、auの話になりますが、VoLTE非対応の端末のSIMロックを解除しても、VoLTEが使えるようにはなりませんし、そもそもau回線のVoLTE対応SIMを使えるようになるわけでもありません。
また、ドコモの端末、ドコモの回線のMVNOという組み合わせの時に、テザリング機能が使えません。

それもSIMロックとは関係がないため、ロックを解除しても意味がありません。
前者の場合には、技術に対応しているかどうかの話になりますから、言ってしまえば最新のゲームディスクを1世代前のハードに入れているようなものです。
後者では、テザリングをするときに、専用の接続先へ切り替えられるのですが、ドコモと契約していないと使えないため、できないようです。

ドコモ回線のMVNOでテザリングを行う場合や、au回線のVoLTE対応SIMを利用したい場合には、それぞれ対応したSIMフリースマホを買うというのも手になりますから、一考してみると良いかもしれません。

わからない時はメーカーに問い合わせる

SIMロック解除が必要かどうかだけではなく、MVNOに乗り換えるときにわからないことがあれば、悩むより先に問い合わせることをおすすめします。
これで大丈夫だと思って契約してはみたけれども、手持ちの端末では使えなかったといった場合、単に新しい端末を買うハメになったというだけでは済まない可能性もあります。

関連記事