SIMのロック解除について

simロック解除について、なんとなくは聞いたことがあるし、大体どのようなことをするのかは知っているという人は多いかもしれません。
しかし、どのような時にすべきなのかは、わかっているでしょうか。
ドコモの端末でUQ mobileのように、au回線のMVNOのsimカードを使いたいときだけだと思いますか。

他社のsimカードを入れるとき

simロックとは、他社の回線を利用できなくするもの、という認識を持ってもらえば十分だと思います。
ですから、冒頭でも書いたように、他社のsimカードを入れるときにはsimロック解除は必須になります。
キャリアの端末にMVNOのsimカードを入れるときだけではなく、キャリア同士であっても基本的には使えるようになるでしょう。

ドコモ端末に、ソフトバンクのsimカードを入れて、利用することが出来るということですね。
ここで気にしてほしいのが、「他社の回線」という部分です。
MVNOはキャリアから回線を借りて、通信事業を行っています。

冒頭で名前を出したUQモバイルだったら、auの回線を利用していますし、ほとんどのMVNOはドコモの回線を利用しています。
つまり、ドコモの端末であれば、ドコモ回線のMVNOのsimカードを使う場合に、simロック解除が不要になります。

auのVOLTE対応には注意が必要

端末と回線のキャリアが一致していたら、simロック解除は不要ですよ、と言いきれたら簡単なのですが、残念ながらそういうわけにもいきません。
現在スマホにはVoLTEという技術に対応しているもの、していないものがあります。
同時にsimカードも同様に、対応しているものとしていないものがあります。

ドコモであれば対応と非対応で相互性があって、気にする必要はないのですが、auで違います。
簡単に言うと非対応端末には、非対応simカードである必要があり、VoLTEに対応している端末には対応したsimカードが必要です。
また非対応同士の時には、simロック解除は必要ありませんが、VoLTEに対応していたら、いかにau端末であっても、simロック解除が必要になります。

au回線に限らず、手持ちの端末を使って、MVNOに乗り換えるときには、端末が対応しているのかを、調べるか、問い合わせるか、してみることをおすすめします。

simロックを解除しても意味がない事

格安simの利用を始めて、使いたい機能が使えず、もしかしてsimロック解除をしないといけなかったのかなと、感じることはないでしょうか。
例えば、auの話になりますが、VoLTE非対応の端末のsimロックを解除しても、VoLTEが使えるようにはなりませんし、そもそもau回線のVoLTE対応simを使えるようになるわけでもありません。
またドコモの端末、ドコモの回線のMVNOという組み合わせの時に、テザリング機能が使えないですよね。

それもsimロックとは関係がないため、ロックを解除しても意味がありません。
前者の場合には、技術に対応しているかどうかの話になりますから、言ってしまえば最新のゲームディスクを1世代前のハードに入れているようなものです。
後者では、テザリングをするときに、専用の接続先へ切り替えられるのですが、ドコモと契約していないと使えないため、できないようです。

ドコモ回線のMVNOでテザリングを行う場合や、au回線のVoLTE対応simを利用したい場合には、それぞれ対応したsimフリースマホを買うというのも手になりますから、一考してみてください。

わからない時はメーカーに問い合わせる

simロック解除が必要かどうかだけではなく、MVNOに乗り換えるときにわからないことがあれば、悩むより先に問い合わせることをおすすめします。
分かった気になって、契約したけれど、手持ちの端末では使えなかったといった場合、単に新しい端末を買うハメになったというだけでは済まない可能性もあります。

関連記事