Pocket

iphoneを使用する画像

スマートフォンを見ていると、OSの違いからかiPhoneだけが特別扱いされているように感じることががあります。実際iPhoneには使えて、Android端末には使えないものや、その逆もあります。
そのため、格安SIMがiPhoneでは使えるのか疑問に思っている人も多いようです。そこでiPhoneについて調べてみましたので、わかりやすく説明します。

格安スマホの仕組みについて

格安スマホが何を指すのかと言う話がありますが、格安の端末をさして使われることもある言葉ですが、iPhone自体は格安とは言えませんので、ここでは端末に格安SIMを挿したものと定義しておきます。

この格安SIMですが、大手キャリアが提供しているものに比べて、かなり安めに設定されています。

その理由は、回線を大手キャリアから借りているからです。
ドコモでもauでもソフトバンクでも、日本国内であればだいたいどこでも電波を受信できていると思います。
つまり全国に電波を届けることが出来るような、大規模な設備を持っていて、その維持費だけでも高額になるわけです。

MVNOはこの設備がありませんから、料金を安くすることが出来ます。
他にも理由はありますが、大きくはこれが理由だと言えるでしょう。
月額が安いSIMカードを挿すから、当然安くなると言うのが格安スマホの仕組みです。

iphoneにそのままsimカードを入れても問題ないのか

大事なのはここからです。
契約して、送られて格安SIMをそのまま手持ちのiPhoneに入れて使えるのかどうかですが、手持ちのiPhoneをどのようにして購入したのかと、格安SIMを申し込んだMVNOによって、その先の結果が変わると言えます。

まず、分かりやすいところでドコモから購入したiPhoneの場合、ドコモ回線を使っているMVNOであれば、そのまま利用することが出来ます
ですが、au回線のMVNOに乗り換える場合には、SIMロック解除の手続きをしないといけません。またiPhoneの世代次第では、SIMロック解除しても使えないこともあります。

auで買ったiPhoneの場合にはもう少し複雑で、au回線のMVNOに乗り換えるときにも、SIMロック解除をした方が良い場合があります。
具体的にはVoLTE対応のSIMカードを使うときです。
そうではない場合、ロック解除は必要ないようですが、念のため、SIMロックを解除しておいた方が安心でしょう。

ソフトバンクのiPhoneの場合には、現状ソフトバンク回線のMVNOがないため、SIMロック解除が必須になります。

iPhoneの利点としては、全てのキャリアから発売されているため、動作確認をしているMVNOが多く不具合が生じにくい事、また対応周波数を気にしなくてもいいところでしょう。

simフリー版でiphoneを入手する方法が

iPhoneを入手する方法として、SIMフリー版と言うものがあります。
SIMフリーとは、SIMロックがかかっていない端末の事で、ロックがかかっていないため基本的にはどこのSIMカードも利用できます。
SIMフリーとはいえ他の端末の場合、対応周波数の問題があるのですが、iPhoneは対応周波数がとても多く、ドコモ回線でもau回線でも問題なく使えるでしょう。

格安SIMだけではなく、キャリアのSIMカードも使えますから、2台持ちでメインとなるキャリアの端末を買ってきたiPhoneにして、今まで使っていた端末に格安SIMを入れてサブにすると言うこともできます。
iPhoneのSIMフリー版はアップルストアに売っていますから、気になったら覗いてみてください。

大手キャリアでは値段が高いと言うときに

iPhoneはお世辞にも安い端末とは言えませんが、中に入れるSIMカードを格安のものにすれば、安価でiPhoneを使うことができます。
また、全世界で使われているものですから、各MVNOも動作確認などの確認も行っていますし、サポート体制も広く、対応に不安が残る端末を選ぶよりも、安心して使えるのではないでしょうか。

関連記事