アクティベーションについて疑問を持つ男性イラスト

androidを使ってきたい人には馴染みがないかもしれませんが、iPhoneの端末を使うとアクティベートをするように求められることがあります。
そのせいで、simカードなしで運用するのが難しい部分があるのですが、そもそもアクティベートとは何なのでしょうか。
少し調べてみましたので、ご紹介します。

アクティベーションが要求される理由とは

英語のactivate(名詞だとactivation)のもともとの意味は、「活性化する」や「起動する」などになります。
iPhoneでの使われ方としては、初期設定のようなものだと考えると、最初は上手くイメージができるのではないでしょうか。
これは買ってきたiPhoneにsimカードを入れて最初にする、アクティベーション作業が、初期設定のようなものだからこその表現で、機能を使えるようにすると言った方が正しいかもしれません。

ライセンス認証のようなもので、iPhoneを使うために必要な事くらいの認識でもいいでしょう。
今述べた通り、買ってきたiPhoneを起動したらまず求められるのですが、時として突然アクティベーションが要求されることがあります。
先ほどから、「アクティベート」や「アクティベーション」と少し違う表現を使っていますが、どれも意味はほぼ一緒で、最初に書いた通り名詞か動詞か程度の違いしかありません。

アクティベートの設定の流れ

初めて電源を入れた時の初期設定が少し面倒くさいので、そちらを解説します。
とは言っても、画面の指示通りに進めればいいだけだと言えばそうなのですが、iPhoneを持っていない人がなんとなくイメージしてもらえればいいのではないでしょうか。
まず言語を選択して、国地域設定を行います。

日本語・日本といった感じでしょうか。それからキーボード設定を行いますが、「日本語かな」「日本語ローマ字」「顔文字」「English」などの項目から利用するものにチェックを入れて「次へ」を選択してください。
続いてアクティベーションの方法を選択するのですが、パソコンを使ってItunesに接続するか、wi-fiを使って接続するか、モバイルデータ通信回線を使用するかの3択です。

選び終わったら、位置情報サービスの設定をオンにするかオフにするかを選択し、TouchIDと呼ばれる指紋認証を使用するかを選択します。
この2つやキーボード設定など、あとからでも変更はできますから、面倒だったら後回しでもいいでしょう。
続いてパスコードを任意6桁で決めます。

次に「Appとデータ」という画面になりますが、はじめてiPhoneを使う場合には、「新しいiPhoneとして設定」を選択してください。
それからAppleID設定を行います。スキップすることもできますが、設定しておいて、しっかり覚えていた方が良いです。
最後に利用規約に同意して、画面表示サイズを決めて、利用開始になります。

突然アクティベートを要求されたらそれに合った対応を!

アクティベート要求の原因として、simカードのずれや、OSの更新などが考えられます。
前者の場合、simカードを正しく入れなおせば治るかもしれませんが、後者の場合はアクティベートをしないといけません。
その時にAppleIDとパスワードを求められますから、初期設定の時に決めたものを忘れずにいるとスムーズにアクティベートをすることが出来ます。

どうしてもアクティベートできない時や、何度もアクティベートを要求されるようになったら、appleストアに相談するようにしてください。

使い心地の悪さを感じたらandroidを購入するのも手

以上はすべてiPhoneで行われるもので、androidであればアクティベートは存在しません。
iPhoneは高性能ですが、そこまでの性能が必要ではないという人は、無理にiPhoneを買わずにandroidにしてみてはどうでしょうか。

関連記事