Pocket

スマホの周波数イラスト

スマートフォン、と言いますか無線機器と周波数は綿密に関係しているのは、言うまでもありませんが、普段、携帯電話を使っている人でも、周波数を気にしたことがあるかと言えば、イエスと答える人は少ないでしょう。
格安SIMを使うにあたっては、少し気を配った方が良い周波数について、分かりやすく説明します。

格安simの回線事情

まず、格安SIMの回線がどのようになっているか簡単に説明します。
格安SIMを取り扱っている大部分は、MVNOと呼ばれる事業者になります。
MVNOとは仮想移動体通信事業者の事で、対になるものが移動体通信事業者のMNOであるドコモやauといったキャリアになります。

MVNOは「仮想」とつく通り、自らは無線局・回線をもっていないため、キャリアの回線を借りて運営しています。
そのため、周波数や利用可能エリアも、キャリアのものと同じということになります。
ドコモの回線を借りて運営しているMVNOの周波数は、ドコモのそれと同じというわけです。

もう少し周波数の話をすると、携帯電話が利用している周波数は大きくLTE(≒4G)と3Gの2つがあり、LTEでは主にデータ通信に、3Gでは主に音声通話に使われています。
ドコモとauでは、3G回線の規格が違い、ドコモがW-CDMA(UMTS)と呼ばれる規格、auがCDMA2000と呼ばれる規格を使っていて、W-CDMAに対応していてもCDMA2000には対応していない端末もたくさんあります。
3GとLTEはそれぞれbandやHz帯などで分けられています。

また、VoLTEと呼ばれるものもありますが、これはW-CDMAとCDMA200との関係とは違い、LTEを使った技術ですから、対応周波数を見るときにはLTEのところを見ます。

ドコモ系の端末の周波数

LTE

  • 2100MHz帯(band1)
  • 1800MHz帯(band3)
  • 800MHz帯(band19)
  • 1500MHz帯(band21)
  • 700MHz帯(band28)

3G(W-CDMA,UMTS)

  • 2100MHz帯(Band1)
  • 800MHz帯(Band6)
  • 1700MHz帯(Band9)
  • 800MHz帯(Band19)

ドコモの周波数は上記のようになっていますが、今後増えたり減ったりする可能性は大いにあります。
また表記の方法ですが、bandの方は良いとして2100MHz帯などは2.1GHz帯と書かれることもありますし、2000MHz帯、2GHz帯などとも表現されます。
この辺りは、臨機応変に見ておいてください。

ドコモのLTEで見ておきたいのが、band1とband19です。
この2つに対応していれば、おおよそ国内ならどこでも使うことが出来るでしょう。
band1はとても高い周波数であるため、通信速度が速いですが、屋内などには届きにくい特徴があり、band19はプラチナバンドと呼ばれband1に比べると速度は遅いですが、屋内でも届きやすく効率的です。

3Gではband1とband6を見ておくと良いでしょう。
W-DCMAとUMTSの表記の違いについてですが、日本で使われるときは前者、海外で使われているのが後者ですが、どちらでも同じものだと覚えておいて大丈夫です。

au系の端末の周波数

LTE

  • 2100MHz (Band1)
  • 1500MHz (Band11)
  • 800MHz (Band18)
  • 800MHz (Band26)
  • 700MHz (Band28)

3G(CDMA2000)

  • 2100MHz (Band1)
  • 800MHz (Band18)

auだと上記のようになります。
LTEで見ておきたいのが、band1とband18です。
ですがband1は大体どこの会社、どこの国でも使われている周波数帯ですから、あまり気にする必要はないかもしれません。

band18はドコモのband19と似たようなもので、プラチナバンドです。
役割は同じですが、band1しか被っていないため、ドコモ系のSIMカードでストレスなく使えていたとしても、au系のSIMカードに入れ替えたら電波が極端に悪くなることも考えられます。
au系のSIMカードを使うにあたって、特に注意したのが、3GのCDMA2000という規格です。

この規格は世界的にも珍しいもので、対応していない端末が多いです。
auの端末を使えば、あまり気にならない問題ではありますが、au端末を使う場合には、VOLTEの問題が生まれます。
auではVoLTE対応SIM・端末と非対応のSIM・端末に相互性がありません。

そのためVoLTEの対応非対応を把握しておく必要があります。
加えて、VoLTE対応機種の場合、SIMロック解除が必要です。

ソフトバンクの対応する周波数帯について

現在ソフトバンクの回線を使って運営しているMVNOはありません。
今後、将来的に出てくるかもしれません。そのため、確認しておこうと思います。
3Gはドコモと同じくW-CDMAを利用していて、bandを見ると、band1、band8(900MHz帯)、band11でドコモとは違うことがわかります。
LTEだとband1、band8、band28、band41です。

対応しておきたいのは、band1とband8で、やはり他の2社とは微妙に違います。
法律でSIMロック解除が出来るようになりましたが、端末の対応周波数によっては、SIMカードを入れ替えると満足に使えない可能性があるということです。
端末と回線が違う組み合わせで、スマートフォンを利用しようかと考えている方は特に、周波数はよく見ておくようにしてください。

周波数に対応していないとデータ通信に影響が

対応周波数があった端末でないと、データ通信が行い難くなるでしょう。
band1が存在するため、全く対応していないことはないですが、band1だけでは不便に感じることがあるのではないでしょうか。端末の購入前に、事前に確認することをおすすめします。

関連記事