MVNOってなに

格安simにおける基礎ワードともいえるMVNOですが、はじめて見た人にとっては、何のことかよくわからないでしょう。
また、サイトなどで普通に使われるため、ニュアンスでしかわかっていないという人も多いのではないでしょうか。
今更聞けないという人もいると思いますので、MVNOについて簡単にご説明します。

MVNOとMNOの違いについて

MVNOとはMobile Virtual Network Operatorの略称で、日本語にしたら仮想移動体通信事業者になります。
「仮想」とついていますから、元となる何かがあり、それがMNO(Mobil Network Operator)、移動体通信事業者です。
MNOとは簡単に言うと、「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の三大キャリアの事を指しています。

もう少し詳しく説明すると、無線局を持っているところ、回線を持っているところといった感じです。
逆にMVNOは自ら無線局、回線を持っていない通信事業者を指し、MNOから回線を借りることでサービスを行っています。
格安simを取り扱っているところ=MVNOという認識でも、困りはしませんが、大手キャリアが格安でsimカードを扱い始める可能性もないことはないでしょう。

MVNOの料金はなぜ安いのか

キャリアが格安のsimを出すのかどうかは、そういった話も聞かないため、無視するとして、MVNOが扱っているsimはすべて格安simと言ってもいいでしょう。
では、なぜ格安で運営することが出来るのでしょうか。
大きな理由としては、回線を借りることで、設備投資や維持費があまり必要ないからです。

キャリアは日本各地に電波が届くように、多くの設備を所有しています。
それらは増設するのはもちろん、維持するのにも大きなお金を必要とするでしょう。
MVNOはそれらがかかりません。

また回線を大口で借りることで、コスト削減も行っています。
では、設備投資を全く行っていないのかと言えば、そうではないです。
大雑把な説明にはなりますが、携帯端末でデータ通信を行ったとき、回線を通って、サーバーに行ってインターネットにつながります。

このサーバーは各社用意する必要があるため、ここにお金がかかります。
とはいっても、キャリアに比べてかなり安価でやっていけるのは確かです。
また、MVNOは店舗を持っているところが少なく、店舗があってもあまり数は多くありません。

そのため、店舗で働く人の人件費はもちろん、土地代金や店舗維持の諸費用も少なくて済みます。こういったコスト削減などがあって、格安simの値段があるわけです。

MVNOではない格安sim提供ブランド

前述していますが、MVNOとは格安simを扱う会社ではなく、自前の回線を持っていない事業者になります。
そのためY!mobileは、格安simを提供していますが、厳密にはMVNOではありません。
ソフトバンクが運営している、ブランドの1つになります。

つまりY!mobile∈ソフトバンクであり、ソフトバンクは無線局を持っていますから、MVNOではないということですね。
消費者目線だと、あまり問題ない部分かもしれませんが。
ただしY!mobileはいくつか気を付けてみないといけないところがあります。

それが回線の話で、唯一ソフトバンク回線を利用している格安sim事業者になるのですが、ソフトバンクの端末をsimロック解除なしで利用することが出来ないです。
ドコモ端末ならドコモの回線を利用するMVNOのsimカードを、ロック解除しないで利用できるのですが、Y!mobileの場合、利用する回線がソフトバンクのもの以外にもあるためか、利用できないのだそうです。

値段の他に、どこから回線を借りているのかを確認

MVNOを見るときに、値段を見るのはもちろんとして、どこの回線を借りているのかを確認しておきましょう。
今自分の持っているキャリアの端末と、回線元が同じであれば、新しく端末を買う必要がないことが多く、結果的に安く済ませることが出来ます。

関連記事