お得に利用する女性

格安simへの乗り換えを考えている人のほとんどは、料金が安くなるからというのが理由ではないでしょうか。
そのため、少しでもお得になる機会というのは見逃したくないはずです。
nifmoなら、ちょっとしたことをアプリで行うだけでも、料金が安くなるチャンスがあります。

セット割を利用すればデータ通信料金は最安値水準

nifmoの料金

3GB 7GB 13GB
データ通信専用 900円 1600円 2800円
SMS対応 1050円 1750円 2950円
音声通話対応 1600円 2300円 3500円

nifmoの料金は上記の表のようになりますが、正確にはデータ通信専用料金に契約タイプ料としてSMS対応なら150円、音声通話なら700円が加算されています。
nifmoの指定端末とセットでの購入の場合、24か月間上記の値段から200円引きされるセット割があり、200円引いた値段だと業界でも最安値レベルまで通信料を安くすることが出来るのです。
当然端末代金は掛かりますが、nifmoの端末ということでnifmoのsimカードなら問題なく利用できるのは強みになります。

ドコモ以外のキャリアからの乗り換えの場合、simロックを解除しないといけませんし、しても利用できない端末もあります。端末との相性が大丈夫でも、対応周波数の関係で電波が入りにくいところも出てくるでしょう。
ドコモ端末であればsimロック解除は必要ありませんが、テザリング機能を使えない可能性があります。

またnifmoでは期間限定でキャッシュバックキャンペーンを行っていることもあり、キャンペーン中に契約することで、大きい時には数万円のキャッシュバックが望めます。

無料オプションと有料かけ放題

nifmoでは使い切れなかった容量は、無料で翌月に繰り越すことが出来ます。
例えば容量3GBで契約して、2GBしか利用しなかった場合、余った1GBは繰り越され翌月は4GBまで使えるのです。
ただし、繰り越した容量はその月が利用可能期限になるため、1GB繰り越して翌月0.5GBしか利用しなかった場合、繰り越されるのは3.5GBではなく3GBになります。

逆にデータを使いすぎてしまった場合、200kbpsの低速モードになりますが、nifmoはバースト機能がついているため、最初の150KBまでは高速通信が出来ます。そのため、低速モードであっても、テキストメインのサイトであればストレスなく読めるかもしれません。
またnifmoのsim利用者は、BBモバイルポイント(公衆無線LAN)を無料で利用することもできます。

有料になりますが、1300円で国内の音声通話がかけ放題のnifmoでんわがあります。
国際電話ならば2700円で同じくかけ放題です。
通常の通話料が20円/30秒ですから、月に33分以上電話をする人は、nifmoでんわに申し込んだ方が安くなるでしょう。
ただしフリーダイヤルやナビダイヤルなど、利用できない番号があり、インターネットを介しての電話(IP電話)でデータ通信が発生するため注意が必要です。

割引還元されるバリュープログラムの特徴

nifmoの目玉はやはりバリュープログラムにあるでしょう。
バリュープログラムとは、専用アプリを通して買い物、食事、アンケート、アプリのダウンロードなどを行うことで、月額が安くなると言うものです。
割引率はそれぞれ違いますが、例えば割引率10%のショップで5000円のものを購入した場合、月額が500円割り引かれます。

そのため、普段の買い物を少しでもnifmoの専用アプリに回すことが出来れば、それだけでお得になります。
買い物でお金をかけたくないと言う場合にも、ネット調査などのアンケートに答えることで割り引かれることもありますし、商品のモニターをすることでも割り引かれます。
たまに眺めてみて、面白そうなものだけでも参加すれば、月額を安くできますから積極的に利用してみると良いでしょう。

バリュープログラムを利用している人の平均割引率は1041円だそうですから、実際の数字としてもかなり安くなっていると言えるのではないでしょうか。

買い物が好きなら月額料金0円も!?

平均割引率が1041円という話もありましたが、もしもデータ通信専用3GBのプランだった場合、それだけで月額0円になります。
買い物はお金がかかりますが、お金をかけずに割り引く方法もありますから、少しでも節約したいと言う人は、nifmoに乗り換えてみてはどうでしょうか。

関連記事