nifmoのバリュープログラムを聞いたことがあるでしょうか。
格安simをさらに安く利用できるかもしれない、画期的なプログラムです。
月額の割引方法は様々ですが、少しわかりにくい部分もあると思いますので、簡単にですがご説明したいと思います。

バリュープログラムとは何か

バリュープログラムとは、買い物、食事、アンケートなど特定の行動をすることで、携帯の月額が割引される物です。
ポイントカードを考えてもらうとわかりやすいかもしれませんね。
あるものを買ってついたポイントが、次回以降の会計で1pt1円として扱われるようなものです。

正確には違いますが、会計をしてついたポイントが、全て携帯代金に回されると考えたらわかりやすいでしょうか。ポイントの貯め方が、食事や買い物の会計以外にも、アンケートに答えたり、指定されたアプリをダウンロードしたりと様々あると言うわけです。
具体的なやり方としては、まずバリュープログラムのアプリをインストールします。

以降買い物をするときなどに、バリュープログラムアプリを介して行えば還元率に応じた割引が適応されます。
買い物の場合、お店や商品ごとに還元率が変わっていて、仮に還元率10%のお店で5000円のものを買った場合には、スマホの月額から500円割り引かれます。
もしも割引が過剰(月額900円なのに1000円割引になったなど)になった場合、余剰分は翌月に回されます。

食べて貯めるにはどうするのか

少しわかりにくいもので、食事をしてポイントを貯める場合の説明をします。
食事をしてバリュープログラムを利用しようと思った場合、モニターとしてお店に行き、アンケートに回答することになります。
詳しい流れとしては、まずお店を探し、モニターの応募をします。

応募後は抽選になりますが、すぐに抽選結果がわかるようです。
無事当選したら、アンケート内容や回答期間を確認してから、食事に行きましょう。
回答期間内にお店に行き、アンケートに答える必要があります。

アンケートはお店で答えるのではなく、マイページにあるものに答えることになりますから、食事自体は普通にしても大丈夫でしょう。
友達と一緒に行っても大丈夫です。
むしろ誰かと一緒に行ったお得になりますが、あとで説明します。

食事の後、期間内にアンケートに答えて、お店のレシートをメールで提出したら、報酬がもらえます。
そのため、レシートは忘れずにもらって帰るようにしてください。
アンケートの回答やレシートの提出などの関係上、利用するときにはメールアドレスを登録する必要がありますので、準備しておきましょう。

さて、誰かと一緒に行った方がいい理由ですが、食事の場合還元率はテーブルごとに行われるからです。単純にたくさん食べた方が、還元率も高くなります。
注意事項としては、上限が決まっているため、あまり大人数で言っても意味がないと言うところでしょうか。

アンケートに答えて貯めるにはどうするのか

続いてアンケートに答えて割引してもらう方法ですが、マイページに届いたアンケートに回答するだけになります。
どこにアンケートがあるんだろうと思った人は、マイページにありますから、探してみてください。
回答後いくら還元されるのかが表示されます。

アンケートの内容は大きく3つあるようで、1つ目がネット調査です。
性別や興味関心などの質問に答えるだけになっています。
還元金額はおおよそ2~30円で、早ければ3~5分で終わりますので、暇な時に答えてみてもいいでしょう。

2つ目が商品モニターです。目安の還元金額は500~2000円で、依頼された企業の商品を使って、その感想を伝えるものです。商品を試すことが出来ますから、興味がある商品であれば、積極的に参加してみるといいでしょう。

最後3つ目が実地調査です。これに関しては、還元ではなく実際に現金がもらえるようです。
実際に指定された会場に行き、グループや個人でインタビューされます。
前2つよりもさらに高額になりますから、稼ぎたいと言う人は行ってみてもいいかもしれません。

無理に使わない事

バリュープログラムはとてもお得なものではありますが、還元が目的で不要なものを買っていては意味がありません。
特に買い物の場合には、ついでに還元されたくらいの気持ちでいた方が良いでしょう。

関連記事