MNPに関する疑問を持つ

携帯電話、スマートフォンには電話番号があります。長年使っていると、その番号が当たり前のように自分のものだと感じてしまいますが、別の会社に乗り換えるときには、それまでの番号から新たしい電話番号へと変わってしまいます。
そうならないためのシステムが、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)です。今回はMNPと格安SIMの関係について説明します。

キャリアを変更しても番号が変わらない

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)とは、モバイル・ナンバー・ポータビリティの略称で、今まで使っていた携帯の電話番号を、転出先のキャリアでも使えるというものです。
つまり、ドコモで使っていた電話番号を、そのままauでも使えるというわけです。
この仕組みは、キャリア間の乗り換えだけではなく、キャリアからMVNOへの乗り換えでも利用することが出来ます。

結論から申し上げれば、格安SIMにも同じ番号のまま、移行することが出来るのです。

簡単にMVNOへのMNP乗り換え方法を説明します。
まず、現在利用している会社にMNPの予約番号を申請して、番号を受け取ります。

続いてMVNOの申し込みフォーム内にある、MNP予約番号入力欄にその番号を入力するだけです。
オンラインではなく、店舗にもっていって乗り換える場合には、必要なものに加えてMNP予約番号も用意しておきましょう。
乗り換えるのはいいけれど、どのタイミングで前の会社との解約をしたらいいのかと疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

ですが、MNPを利用した乗り換えでは、自動的に前の会社の解約が成立しますから問題にはなりません。
どの時点で解約になるのかは、はっきりしませんでしたが、新しいSIMカードが開通したらのようです。

大手キャリアからMVNOに移行するときにかかるMNPの費用

続いて費用面の話ですが、MNPに直接かかわる費用として、MNP転出手数料というのもがあります。
MNP予約番号を申し込んだ場合にかかる手数料で、キャリアだとドコモとauが2,000円、ソフトバンクが3,000円になります。
MVNOから転出する場合にも、金額的な違いは少なく、会社次第と言ったところです。

MNPと直接の関係ありませんが、乗り換えるときにかかる費用を簡単にご紹介します。

まず契約事務手数料に、3,000円がかかるところが多いです。
続いて、キャリアの更新月以外での変更による違約金を考慮する必要があります。

違約金についても各社次第ですが、料金はおよそ1万円くらい。そのため、全体で1万4000円程度の費用がかかる可能性があります。

MVNOにMNPを利用して移行するときの注意点

予約番号には、15日間の期限が存在します。
MVNOによって、どこまで会社側が設定してくれるのか、どこから自分で設定しないといけないのかがわかりにくいです。
例えば会社側が開通までしてくれて、SIMカードが届いてからは、端末APN設定を終わらせるだけという会社もあるでしょう。

この場合、SIMカードが届くまで、音信不通になる可能性があります。
即時開通のところも増えつつあるため、普通機関自体は短く数十分長くても1日かからないだろうというところまで来ています。
ですが、その場合には各種設定を自分でしなくてはならず、初期設定が面倒だと感じる人も出てくるかもしれません。

また、15日という期限がある以上、予約番号を取ってすぐに行動するようにしましょう。

予約番号を取ったらすぐに行動を

繰り返しになりますが、MNPの番号を取ったら、期限に遅れないように早めに行動してください。
時間があるからとギリギリまで何もしないでいると、SIMカードが送られてくるまでの時間で期限を超えてしまうかもしれません。
どうしてもオンラインで買うのは気が引けるという際には、店舗にて手続きを執り行っている会社もありますので、問い合わせてみると良いでしょう。

関連記事