プランを満喫する女性画像

これまで、ありそうで見かけなかった時間を制限するタイプのデータ通信プラン。それがNUROモバイルの5時間使い放題のプランです。ところが、5時間使い放題とは具体的にはどういうことなのか、はっきりしないと思いませんか。
そこで、NUROモバイルの5時間使い放題プランについて調べてみましたので、わかりやすく説明します。

5時間プランとは

1日5時間であれば、どれだけのデータ量でも高速通信が出来ると言うものです。
注意しなければならないのは、それが通話時間ではなく、データ送信可能な時間についてということです。
利用料金は、データ通信専用にて月額2,500円です。

ここで気になるのが、5時間を過ぎたらどうなるのかと言うところではないでしょうか。

一日の間に高速で利用できるのが5時間までという契約のプランなので、5時間の利用時間を過ぎてからは、低速モードへと強制移行します。
これは、このプランやNUROモバイルに限ったことではなく、全ての会社に言えることだとです。

ただし、低速モードと言っても、メールや簡単なアプリは問題なく利用できる速度ですので、低速モードになったからと言ってとんでもなく連絡が取りにくくなると言うことはありません。

5時間プランの利点とは

まず、該当する5時間の間は通信量に制限なく、高速で利用し続けることができます
つまり、超高画質の動画を見続けたとしても、5時間は利用できるということです。
例えば、YouTubeで動画を見た場合、広告や表示されるお勧めの数など様々な要因が関わってくるため一概には言えませんが、約4分の動画を720pで視聴した場合、約50MBかかると言う計算が成り立ちます。

これを1時間視聴した場合には、単純計算で750MB通信が行われることになり、それを5時間分となれば、単純に3,750MBと考えて、1GB=1,000MBとすると3.75GBほどを使う計算になります。

データ容量が7GBの場合2日と持ちませんし、10GBでも3日持ちません。

5時間プランであれば、この通信を毎日続けることができることになります。

また、通常3日間のデータ通信量が規定数に達したら、ペナルティとして制限がかけられるのですが、5時間プランにはその制限がないと言う噂まで流れています。

プランの注意すべきポイントとは

5時間プランで気になるのが、5時間をどのように計測するのかということです。
1日が始まってから、5時間だったら朝5時までしか、高速通信が使えないことになります。
時間を指定するのであれば、柔軟な対応が出来ません。

実際は、通信されるデータが一定量を超えるかどうかで計測をしています。
データ量が一定を超えた段階で、低速モードから高速モードへと自動で切り替わって、高速モードの時の時間を計測していることになります。
ここで注意したいのが、普段は低速であるという事です。

データが一定量を超えないと高速通信になりませんから、動き出しは遅くなりがちです。
そして、どのくらいのデータ量で切り替わるのかと言うのも、現在は発表されていないようです。
また、一度高速通信が始まったら、5分間はそのままです。

どれくらいのデータ量で切り替わるのかわかりませんが、高速モードに60回切り替わったら5時間が経過したものとして扱われます。
利用者が意図しない間に高速モードになっていたとしたら、利用を意識せぬまま5時間経ってしまうこともあるかもしれません。
5分はそのままと言うことを考えると、低画質の動画や1分程度の動画を何度も見るのはもったいないと言えるでしょう。

動画を見たりデータ通信量が多い人におすすめ

スマホの使い道として、高画質の動画を視聴する時間が長いのであれば、5時間使い放題プランに入っておいて損はないでしょう。
1日3GBを30日間もつづけた場合、合計で90GBもの容量になります。月2,500円で、その半分ものデータ量を扱えるのであれば、充分にお得なプランと言えるでしょう。

関連記事