通信速度はスマートフォンを使っていくうえで、無視でない要素の1つではないでしょうか。
目に見えて重くなっていないのであれば、あまり気にされないかもしれませんが、なかなかメールが送れなかったり、webページの読み込みが遅かったりしたらストレスになります。
そこで今回は大手キャリアとMVNOの通信速度について、話をしていきます。

高速通信はキャリアの方が速い

高速通信はキャリアの方が速い

通信速度を比べる場合、最高速度を比べてもいいかもしれませんが、最高速度と実際の速度では大きく違ってしまいます。
実際の速度を比較するにしても、場所や時間、利用者の数など様々な要因で変わってしまうため、一概に比べる事も出来ません。
それでも、高速通信時(データ容量を使い切っていない状態)では、キャリアの方が速いです。

ではMVNOに変えると、スマートフォンが極端に重くなってしまうのかと言われたら、そんな事はありません。
UQ mobileなど(格安simを扱っているという意味ではY!mobile)などは、大手に近い通信速度を出すことが出来ます。
それにキャリアほどの速度が出せなかったとしても、普段利用する分には支障がない事が殆どです。

実際使う上で、例えば動画を見るのだとしても、5Mbpsあれば十分だと言われていますが、MMD研究所の調査結果によれば、UQモバイルで15.8Mbps、mineoのAプランで10.6Mbps、nifmoで7.9Mbpsと言うデータが出ています。
通信速度は速い事にこした事はないかもしれませんが、無理にキャリアの速さに拘る必要はないでしょう。

低速モードにすると格安simに軍配が上がる

データ容量を超えると低速モードへと移行してしまいます。
その時の速度は、3大キャリアが128kbpsなのに対して、格安simは200kbpsであるところが多いです。
どちらの速度であっても、テキストメインのメールやアプリでのやり取りであれば、問題なく利用できる速度だと考えてください。

webページや動画を見ようと思ったらかなり不便が出てきます。
イメージとしては、200kbpsだと文字が多い簡単なサイトや低画質の動画なら見られるかもしれないようなレベルで、128kbpsでは諦めた方が良いでしょう。
ここも使う人次第という部分ではあり、webページを表示できたとしても、表示までに時間がかかるのが耐えられない人であれば、どちらであってもストレスに感じてしまうかも知れません。

ただし格安simの中にはバースト転送を採用しているところがあり、採用されていた場合、低速モード時であっても、最初の僅かな時間だけは高速通信で読み込むことが出来ます。
本当に僅かであるため、動画を見ようとか、画像が多いwebページを見ようと言うのは無理ですが、Twitterのタイムラインくらいなら一瞬で表示できるのだそうです。
その為、低速モードの時の使い勝手の良さは、格安simの方が上だと言えるでしょう。

なぜ通信速度が変わるのか

なぜMVNO同士であっても速度が変わってしまうかですが、MVNOがキャリアから回線を借りているからです。
その時に借りた回線の程度によって、速度が変わります。同時に利用者の数が関わってきます。
一人当たりの回線の大きさがどれくらいかと言う事ですね。

利用者が少なく、借りている回線が大きいほど速度は速くなりますが、借りている以上料金がかかります。
その料金を支払うためには、それだけ人を集めないといけません。
MVNOの通信速度は、そこのバランス次第になります。

また回線はレンタルできても、サーバーは自前のものを用意する必要があります。
そのサーバーの性能も、速度には関わってきますが、回線ほど関わっては来ないようです。
通信速度を重視してMVNOを選ぶ場合には、設備投資や増設などに力を入れているところを選ぶと良いでしょう。

基本的にスマホを使わない環境の人は格安simにしてみては?

普段スマホで動画やwebサイトを見ないという人であれば、格安simでも十分な速度があります。
動画を見る場合でも、不便ない程度の速さを確保しているMVNOも多いですから、一度移行を検討してみてはどうでしょうか。

関連記事