simフリーとは、初めからsimロックがかかっていないスマートフォンの事です。
これに対応するもので、白ロムと呼ばれるものがありますが、こちらはキャリアの端末からsimカードを抜いたものになります。
この2つを比べてみて、simフリーを選ぶメリットとは何か、簡単に見ていきましょう。

キャリアが扱うものよりも安く買える

キャリアが扱うものよりも安く買える

キャリアで端末を購入する場合、安く買えるものもありますが、それは古い端末である事が多いのではないでしょうか。
しかしsimフリーであれば、1万円未満でもそれなりのスペックのものを買うことが出来ます。
安くできる理由としては、機能をいくつも省いているからですから、例えばおサイフケータイなどには対応していないものと言うのがいくつもあります。

キャリアのスマホではオーバースペックだと感じている人であれば、simフリーのスマホでも十分な機能が備わっていると言えるでしょう。
またsimフリーの強みとしては、逆にキャリアのものよりも高品質のものを扱っているところもあるというところでしょうか。
その分値段が高くなってしまいますが、ピンからキリまで選択肢が沢山あると言う事は、それだけで、自分に合ったものを選ぶことが出来る為、メリットと言えます。

海外でも使える可能性が高い

simフリースマートフォンの中には、全世界に向けて発売する事を目的として作られたものがあります。
iPhoneが分かりやすいかもしれませんね。
その為、日本にはない周波数に対応している事が多く、海外でも現地のsimカードを入れる事によって、手持ちの端末をそのまま使うことが出来ます。

例えばドコモが国内で扱っているXperia XZ SO-01JとZenFone3MAXを比べてみると、前者がLTE対応周波数が7bandなのに対して、後者は13bandもあり、その差は倍近くあります。
それだけ、多くの電波をキャッチできると言う事ですから、メリットと言って良いでしょう。

また対応周波数が多いと言う事は、国内でもマイナスではなく、au回線とドコモ回線に対応できるだけのスペックがあれば、MVNOを選ぶ時に回線による縛りはなくなるでしょう。
mineoなどau回線のAプランとドコモ回線のDプランがありますが、料金的にはAプランの方が安くなりますし、選べる幅は広い方が良いでしょう。

機種変がしやすい

キャリアで購入する場合、分割払いをする人も多いでしょう。
その場合、24か月は支払いが続きますから、その間はなかなか機種変更はしにくいのではないでしょうか。
しかし、simフリーは自分で買ってしまった端末になりますから、変更しようと思ったタイミングで変更することが出来ます。

simフリーではなくMVNOの話にもなりますが、キャリアのような2年縛りが存在していないため、それに振り回されると言う事もありません。

自由度が高い事が最大の特徴か

MVNOの選択や、スペックの選択、変更のタイミングなど自分の好きなように出来るのが、simフリーの利点と言えるでしょう。
その分、知識が必要になり、知識がなければ痛い目を見てしまいますが、もしも今まで使っていた端末に不満があるというのであれば、simフリーを買ってみるのはどうでしょうか。
キャリアのsimカードを使っていたとしても、simカードを入れ替えれば、そのまま使う事も出来るでしょう。

関連記事