キャリアの端末は基本的にsimロックを解除することが出来ます。
しかし、それぞれ受け付けてくれるための条件や、手続きの方法が微妙に異なっているのをご存知でしょうか。
条件次第では、解除できなくなってしまう為、ご注意ください。

ドコモでsimロックを解除する場合

ドコモがsimロック解除を行ってくれる条件は、端末購入から6か月以上が経過している事、契約者本人が購入歴がある機種である事、解約済みの場合には解約後3か月以内である事というのが大事なところです。
この他にも、ネットワーク制限や各種ロックがかかっていないことも、条件に入ります。

簡単に言うと購入後6か月以上が経過した状態で、本人が申し込む必要があるというところでしょうか。
購入日の確認ですが、「dmenu」→「お客様サポート」→「電話機購入時確認サイト」で確認できます。
ここで気を付けたいのが、端末購入から「6か月以上」、解約「3か月以内」という点です。

端末購入後、3か月未満で解約した場合、端末購入後6か月経つころには、解約して3か月がたってしまいますから、simロック解除の手続きを行うことが出来なくなります。
手続き方法ですが、「ドコモオンライン手続き」から申し込む方法、ドコモの携帯電話から「151」に電話をかける方法、ドコモショップにもっていく方法の3つがあり、パソコン以外での申し込みには3000円の手数料がかかります。

解約した後で解除してもらうには、ドコモショップにもっていくだけになります。。

auでsimロックを解除する方法

auは3つあるキャリアの中で、唯一本人でなくてもsimロック解除を行うことが出来ます。
その他の条件としては、端末購入後181日以上経過している事、ネットワーク利用制限中でない事などです。ドコモでもいえますが、simロックに対応している機種かどうかも関係してきます。

手続きはパソコンやスマートフォンから、「手続きはパソコンやスマートフォンから、「auお客さまサポートサイト」を利用して申し込む方法と、auショップに直接持ち込む方法の2つです。
ショップ持ち込みの場合には、手数料の3000円がかかります。
本人でなくてもいいため、中古のau端末を買って手続きすることも可能です。

しかしその際には、ショップへの持ち込みのみでの受付になり、本人確認書類などを持っていく必要があります。
また他社のsimカードを入れた状態での動作保証は、なされていません。

ソフトバンクでsimロックを解除する方法

ソフトバンクは大方ドコモと同じような感じです。
端末購入後181日以上経過したもので、解約後は90日以内まで対応してくれます。
申し込みが出来るのは、契約者本人のみであるため、解約90日以内の端末を中古で買ってきてもsimロック解除はできないでしょう。

またネットワーク制限がかかっているもの、故障や水濡れがある場合にはできないため、制限解除や修理を行ってからの申し込みになります。
解除方法は「Mysoftbank」での手続きか、ショップへの持ち込みの2方法があり、ショップにもっていった場合には、3000円の手数料がかかります。
オンラインでの手続きは無料ですが、解除するためには、その後利用する別会社のsimカードが必要です。

持っていない場合には、ショップへの持ち込みだけになりますから、注意してください。

中古品を買うときは注意

simフリーやsimロック解除の見分け方は存在するのかの【中古のスマホを買うときは注意】で記述している通り購入する際、お使いのキャリアなどに注意してください

関連記事