双方のスマホの違いを探す女性

キャリアからMVNOに乗り換えて、あの機能がない、これが出来なくなっているとなるかもしれないと考えたことがあるかもしれません。
もしかすると、それが原因で乗り換えることをためらっている人も、いるのではないでしょうか。
そこで格安simで出来る事と、出来ない事にはどんなことがあるのかを見ていきましょう。

キャリアメールが使えない

機能の面で格安simに変えた場合の大きな違いが、キャリアメールが使えなくなるということでしょう。
ドコモだとドコモメールが使えなくなるということですね。
今まで使っていた端末でも利用することが出来るという関係上、格安simに乗り換えてもキャリアメールをインストールしていたら、そのままアイコンは残っているため勘違いする人もいるようですが、使うことはできません。

試しにsimカードを抜いた状態で、wi-fiにつなげてキャリアメールを使おうとしても、認証できませんと言われてしまいます。格安simを入れても、同じことになるでしょう。
そのため、乗り換えるときにはキャリアメールを登録アドレスにしているものの登録メールアドレスを変えておくようにしましょう。

それから、キャリアメールが利用できなくなることを、連絡しておいてください。
乗り換えた後、フリーメールでメールアドレスの変更を伝えても、キャリアの端末だとデフォルトで拒否設定になっていることがあり、上手く伝わらない可能性があります。
メールだけではなく、キャリアが関連しているものは、出来ないものと考えていた方がよさそうです。

機種・端末などで変わってくるもの

これはsimカードはあまり関係なく、利用している機種・端末に関係してくるものですが、まずドコモの端末を利用する場合、ほぼテザリングを行うことが出来ません。
これはドコモの回線を利用しているMVNOでも変わらないから注意が必要です。
ですが、テザリング機能自体は、端末が対応していれば特に申し込みや料金が必要ないところがほとんどであるため、キャリアよりもやりやすくはあるでしょう。

au回線のMVNOの中には、iphoneだとテザリングが出来ないところがあるため、こちらも注意が必要です。
simカードの問題で、おサイフケータイの一部機能や、LINEのID検索なども、格安simでは利用できません。
ただしLINEに関しては、LINEモバイルであれば問題なく利用することが出来ます。

それから、音声通話も音声通話simで契約しないと利用できませんから、契約時に間違えないようにしましょう。

そのほかはオプションによって大体が可能に

MNPを利用して今まで使っていた電話番号を引き継ぐこともできますし、各種アプリのダウンロードや利用もできるでしょう。
アプリを利用する際、認証でSMSが必要な場合がありますが、SMSはオプションとして付けることが出来ます(音声通話を付ければSMSは不要)。
電話かけ放題も探せばオプションにつけているところがありますし、大体のことはできると考えていいです。

利用可能なエリアも、MVNOが借りている回線と同じ広さになりますから、乗り換えたからと言って狭くなるということはありません。

キャリアメールが必要かどうか

格安simで出来なくなる事としては、やはりキャリアメールが最も大きなものになるでしょう。ですが、最近ではメールは使わないという人もいると思いますし、必要性がなければ特に困ることはないと思います。
キャリアメールでなければ認証できないものも、以前は多かったように思いますが、最近では減ってきましたし、乗り換えを検討してみてもいいのではないでしょうか。

関連記事