Pocket

スマホを選ぶ女性

選べる幅が広がって、さらにその中から自由に選べるということは、良いことづくめのように感じます。しかし、選択肢が増えるということは、それだけ迷いやすく、自分で考える必要があるということでもあります。
SIMフリーのスマートフォンも同じで、値段の幅はもちろん性能がとても高いものから、値段の代わりに性能が抑えられているものまで様々です。そこで、今回は何を基準にSIMフリーのスマートフォンを選べば良いのかを説明します。

simフリースマホの特徴って?

まず、SIMフリースマホについて簡単に説明しておきます。
SIMフリースマホとは、初めからSIMロックがかかっていないスマートフォンの事です。
SIMロックとは、キャリアが他社のSIMカード(回線)を利用できないようにするためにかけている、制限のようなものです。

そのため、ドコモの端末にauのSIMカードを入れても、反応しないのです。
SIMフリーはロックがかかっていませんから、買ったその場から、ドコモでも、auでも、MVNOでも、どこのSIMカードであっても使うことが出来るものになります。
ただし、SIMカードには3種類の大きさがあり、スロットとSIMカードの大きさが違えば、挿して使うことはできません。

また、その他にも条件によっては使えないSIMカードもあります。
キャリアのスマートフォンは、回線とセットで購入するしかできないと思いますが、SIMフリーのスマートフォンは、個人でスマホの端末だけを購入できます。
その選択の幅はとても広く、1万円以下の安いものから、数万円するハイスペックなものまでありますから、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

自分自身の用途に合わせて選択する

普段スマートフォンで様々な作業をする人もいれば、連絡手段としてしか使っていない人もいるかと思います。
前者であれば、高性能のものを買った方が良いですし、後者であれば機能が最低限の安いものを買っても大丈夫でしょう。
写真を撮るのが好きで、スマホにもそれなりの性能を求めたいという人であれば、画素数を見て選ぶこともできます。

ただし、カメラの性能=画素数ではなく、画素数が少ない方が結果綺麗に見えるということもあります。
そのため、カメラを重視したいのであれば、実際に撮影させてもらえないか頼んでみるか、撮影された画像を探して、見てみるなどの事前に自分自身が納得できるくらいの確認をしておくと、購入後のトラブルを避けることができます。
また、値段=性能というわけでもなく、値段が同じでも性能が違うこともあれば、安いのに性能が良いものもあるのがSIMフリーのスマートフォンです。

とは言え、何の基準もなしに比較することは難しいので、単純な性能を見るときには、CPUやRAMなどを比較してみるといいでしょう。
基本的には数字が大きいほど、性能が良いということになります。
CPUでは「○○コア」と書かれていますが、これは内蔵されているCPUの数で、デュアル(2つ)、クアッド(4つ)、オクタ(8つ)となっています。

対応する周波数は確認しておく

SIMフリーを買うときに気を付けておきたいのが、対応周波数です。
スペック表を見るとband○とか○○MHz、○○GHzと表されたものが、いくつもあると思います。
これが、使おうとしている会社のものといくつ合致しているかで、データ通信が出来るか(圏外ではないか)、速度が遅くないかなどが決まるのです。

データ通信(LTE)と音声通話(3G)とでは、勝手が少し違うのですが、今回はデータ通信についてお話します。
ドコモだとband1、band3、band19、band28などが使われていて、特に気にかけておきたいbandがband1とband19です。
band1は高い周波数帯で、通信速度が速く、日本全国に張り巡らされていますが、障害物に弱いため、山の中や屋内ではうまく受信できないかもしれません。

band19はいわゆるプラチナバンドと呼ばれるもので、低い周波数である代わりに、障害物にも強くなっているため、band1ではカバーしきれないところでも、利用できます。
その他のbandは大体が地域限定の電波になるため、あったらラッキーくらいの認識で良さそうです。
auだとband1とband18が重要になります。

band1についてですが、どこの国のスマホを買っても大体対応しているため、プラチナバンドに対応しているかどうかを、まず確認してみてください。

性能や値段以外にも周波数とsimのサイズは確認しよう

性能や値段も当然大事にはなってきますが、SIMカードの大きさや周波数といったものは、あっていないと、使いにくい、値段が高いという以前に使うことができません。
せっかく買い揃えたのに使うことができないとなると、無駄な出費にしかなりません。そのため、最低限この2つは事前に自分で確認しておくと良いでしょう。

関連記事