Pocket

スマホのデメリットに顔をしかめる女性

多くの場合、物事にはメリットとデメリットがあります。それらは表裏一体であることも珍しくありません。
大事なのは、デメリットがあるから使わないというのではなく、特徴であるデメリットを理解した上で、メリットを上手に引き出して使うことができるのかどうかを考える事なのでしょう。
そこで、ここではSIMフリーのスマートフォンを使った場合いデメリットとして感じやすい特徴について紹介します。

対応する周波数の問題

MVNOに移行するとき、キャリアで使っていた端末(白ロム)を使うか、SIMフリーを使うかという二択の話になりますが、白ロムを使う場合には、大きなメリットがあります。

その1つが、対応周波数です。
スマートフォンなどの端末には、それぞれ対応している周波数があり、対応していない周波数の電波は利用できないと考えてください。

それと同じように、各通信事業者はいくつかの周波数を使って事業を行っています。
例えば、ドコモの場合には、band1、band3、band19、band21、band28などの周波数(LTE)を使っています。
これらの周波数を受け取ることが出来る端末でなければ、ドコモの回線は使えないと言う事です。

ただし、全てに対応している必要はありません
ドコモの場合だとband1とband19は最低限対応していた方が良いと考えられますが、それ以外のbandについては、対応してくれていたら運が良かったという認識で十分です。
ドコモ端末の白ロムであれば、それだけでドコモの周波数には対応していますから、改めて確認する必要はないでしょう。

しかし、SIMフリーの場合、特に海外で売られている端末を購入して利用しようとする場合には、自分で周波数が対応しているかどうかを確認する必要があります。
また、LTEと3Gの両方に対応していることを考えないといけないため、もう少し複雑です。
何より、使ってみたいと思ったSIMフリー端末が、日本で使用されている周波数に合っていることについても、個別に確認する必要があります。

端末補償の問題

simフリー端末は、Amazonなどの通販サイトでも販売されているため、思っているよりも簡単に購入することが出来ます。
しかし、こういったサイトで購入した場合、端末補償が付いていない可能性があります。
大切に使ったとしても、修理が必要になることがあります。そのため、端末保証は必要になると考えておいた方が安心と言えるでしょう。

また、修理に関しては、キャリアの端末であれば、各キャリアのショップが市内のあちらこちらにありますので、そこに持って行けば対応してくれますが、SIMフリーの場合、修理対応してくれる店舗が近くにはない事の方が多いでしょう。
そうなると、補償があったとしても、壊れた端末を送るという手間と時間が必要になります。何よりも、その端末を利用できない期間が、長くなってしまうかも知れません。

購入前に機能を確認しておく

SIMフリーのモバイル端末には、大手キャリアの端末であれば、ほぼ確実にありそうな機能について搭載せずに、省いている事があります。
その中でも比較的多いのが、おサイフケータイ機能が省かれている端末が多いということでしょうか。
こういった機能を付けない事で、値段を安く抑えているという面があり、冒頭で少しふれたメリットとデメリットの関係の一端かと思いますが、事前に確認することなく購入してしまうと、後になってトラブルの原因となります。

そうならないためにも、購入するときには、どのような機能がついているのかをしっかりと確認しておきましょう。

よくわからない場合はMVNOでセット購入も

どのような使い方を選ぶのかによって、デメリットを感じる条件は色々とあるかと思いますが、多くの場合は知識や使い方によって補うことができるものです。
対応している周波数の確認は、最初は時間はかかるかと思いますが、自分で行うことで正確に理解し、安心して扱うための準備になると思いますし、端末補償についても、利用を始めた後のことを考えていることの表れですから、不便を感じることは少ないのではないかと思います。
また、それまで大手キャリアで使っていた端末があれば、SIMフリーのモバイル端末の修理中の代替機として使うことができます。

最低限の機能として、電話による通話とeメールが出来ればいいと言うのであれば、不便さを感じることなく、利用でき流のではないでしょうか。
デメリットと感じやすい機能の不足が気にならなければ、SIMフリーはとても自由度が高く利便性に優れたメリットが多くなります。
また、MVNOがセット販売をしているものであれば、周波数の問題は起きませんので確認は必要ないでしょうし、分から無い事は購入時に質問することが出来ます。迷った際には選択肢に加えて、相談してみるのも良いかもしれません。

関連記事