どちらを選ぶ?

格安SIMに乗り換える際、一緒に端末も買い替えようと思うと、白ロムか、SIMフリーのいずれかを選んで買うことになります。この2つは、あまり違いはないように感じるかもしれませんが、中身は大きく異なっていて、選択を間違えると、使い勝手が悪くなってしまいます。
そこで、どちらを選んだら良いのかわかりやすく説明します。

白ロムのメリット

以前、自分で使っていたキャリアの端末をそのまま使う、という場合も、白ロムを使うということになります。
それ以外の場合は、中古のものをリサイクルショップやネットを使って買うことになるでしょう。

中古の端末を購入する場合には、比較的安価で済みます。新古品として、ほぼ新品のような状態の端末もあるため、性能の高い端末を安価で手に入れられる可能性があります。

また、端末と回線のキャリアを合わせる必要はありますが、そこさえちゃんと合わせることが出来れば、対応周波数を確認する必要もなく、技適マークがついていないという事態もないでしょう。

端末と回線のキャリアを合わせるというのは、例えば、ドコモが取り扱っている端末の白ロムを購入した場合、ドコモの回線を利用しているMVNOを選ぶということを意味します。

現状、UQ mobile(UQ モバイル)以外は、ほぼドコモ回線を利用している(中にはauとドコモの2社対応もある)ため、ドコモ端末を買っておけば失敗はしないでしょう。

また、修理が必要になった場合には有料対応となりますが、各キャリアのショップにもっていくことで、修理を受け付けてくれるようです。

simフリーのメリット

周波数があってさえいれば、MVNOの選択はほぼ自由と言って良いのがメリットの1つです。
同じく周波数が対応していれば、海外のSIMカードも使うことが出来ます。
特に、世界中で販売されている端末であれば、海外の周波数にも対応している可能性が高く、おすすめです。

そのため、海外旅行などによく行くとか、海外と日本を行き来することが多いという場合に重宝することになります。
特に海外旅行の場合、現地で海外製のプリペイドSIMカードを購入し、差し替えるだけで、それまで使っていたスマートフォンをそのまま海外でも使うことが出来るようになります。
それから、MVNOではテザリング機能を使うのに、申し込みや料金が必要ないところが多いです。

ですが、ドコモの白ロムだと、テザリングを行うことが出来ない事が多く、機能を生かしきれません。
それと比べて、SIMフリーだとテザリング機能さえついていれば、使用することが出来るでしょう。
一点注意すべきところは、mineoのAプランなどiPhone(SIMフリー問わず)に限って、テザリングが出来ないところが存在します。

結局どちらを選択した方がいいのか

白ロムは安く、日本で使用する際には安定して利用することが出来ます。
日本のキャリアから発売されていたということで、どれだけ安くても技適マークの認証を受けており、電波法に抵触することもありません。
周波数も元々利用していた回線を使うわけですから、問題なく利用することが出来ます。

とりあえず使えるものを、と考えた場合には、白ロムを入手した方が良いでしょう。
ただし、赤ロムと言って、料金を払い終わっていないのに売りに出し、ロックがかかっている端末も存在しています。
そのため、中古の製品を購入する場合には、白ロムであることを店舗で確認してから購入するようにしましょう。

SIMフリーを買う場合には、技適マークや周波数など、自分で確認するべきことも多いですが、選択の幅が広く、自分に合ったものを選ぶこともできるため、知識があればこちらを選部と良いのではないでしょうか。

格安sim初心者なら白ロムかMVNO販売のものを

自分では大丈夫だと思っていても実際に使おうとすると、上手く進められるだろうかと不安を感じることがあります。初めての挑戦となると尚更です。白ロムを買うか、MVNOが販売している端末であれば、周波数関連も気にしなくて良いので、選択肢の一つに加えて検討すると良いでしょう。

関連記事