SIMカードを入れ替える画像

格安SIMについて調べていると、SIMカードについて知る機会が増えると思います。
大手キャリアの端末に、MVNOのSIMカードを入れて使える、という話を目にしたこともあるかもしれません。その発想を逆にして、大手キャリアのSIMカードを別の端末に入れたらどうなるのだろうか、と考えてみたことはありませんか。興味を持って調べてみましたのでご紹介します。

キャリアのスマホ端末に格安simを入れる場合

まずはオーソドックスに、格安SIMをキャリアのスマホに入れた場合について説明します。キャリアの端末にはSIMロックと言って、他社の回線が利用できないように、制限を設けています。
これは端末購入後、半年以上経過などの条件が整えば外すこともできますが、解除しなくてもMVNOが利用している回線と端末のキャリアが一致すれば、利用することが出来ます。

ドコモで買ったAndroid端末に、NifMoなどのドコモの回線を使っているMVNOのSIMカードを入れるのであれば、特別な手続きがなくても携帯電話として利用できるようになるということです。
ただし、ドコモの端末すべてが、ドコモの回線を利用しているMVNOのSIMカードに対応しているのかと言われたら、そうではありません。
そのため、キャリアが一致していても、利用するMVNOに問い合わせてみることをおすすめします。

キャリアのsimをsimフリースマホに入れる場合

ちゃんと利用できるかは、SIMカードの大きさや対応周波数の兼ね合いになります。
カードのサイズが違えば、入れることが出来ませんから、利用できないのは当たり前として、対応周波数次第では満足に使えない地域も出てくるでしょう。
周波数はbandと呼ばれるもので区別され、各社いくつか利用しているbandがあります。

その中でもband1と呼ばれるものは、ほぼすべてのSIMフリーが対応していて、日本のキャリア全てがこのbandを利用しているため全く使えないということはないです。
しかしband1ではカバーしきれない地域や場所がありますから、対応周波数は多い方が良いです。
以上が上手くいけば、キャリアの回線を使って、データ通信をすることが出来るようになるでしょう。

ここで気になるのがデータ容量や契約プランです。
結論から言うとすべて引き継がれます。端末Aで1GBデータ通信を行い、SIMカードを入れ替えて端末Bで2GBのデータ通信を行った場合、3GBのデータ通信を行ったとみなされます。
プランも引き継がれますから、入れ替えたからと言って、キャリアから説明を求められたり、別のプランに引き継がれたりということはありません。

蛇足となりますが、電話番号やキャリアのメールアドレスも引き継がれます。

キャリアのsimカードだけを手にする方法

こういう話をしていると、キャリアのSIMカードだけを手にできないのかと思う人もいるかと思いますが、可能です。
各社のショップに行くことで、SIMカード単体での新規契約を受け付けています。
しかし、それぞれ契約できるプランというのが限られていますので、簡単にご紹介します。

まずはドコモですが、音声プランとデータプランどちらにも対応しています。
データプランの場合には、音声通話は利用できません。
auでは音声プランしか用意されていませんから、データ通信だけで良いという場合には割高に感じるでしょう。
それから、ソフトバンクですが、上記のような一般的なSIMカードだけではなく、プリペイドSIMなども契約することが出来ます。

入れ替えてもデータが消えることはないので安心

SIMカードを入れ替えると、データが消えてしまうのではないかと心配に思っている人もいるかもしれませんが、端末に保存されているデータが消えることはありません
SIMカードに記録されている、電話番号などは変わってしまいますが、保存していた写真が消えるなどはないですから安心してください。

関連記事