ケータイとSIM画像

格安スマホを利用する方法を調べていると出てくるのが、SIMカードやSIMロックという言葉。普段生活をしている中で聞くことは少ないものの、格安スマホや格安SIMを利用するうえでは無視できない重要なキーワードです。そこで、まずはSIMカードについて分かりやすく説明します。

格安simの使い方

まずSIMカードについてですが、スマートフォンやタブレットと言った端末を、携帯会社の回線につなげるために必要なものと言えばいいでしょうか。
Wi-Fiと言った回線環境がなくても、端末がインターネットにつながりデータ通信を行えるのは、SIMカードがあるおかげです。
逆に言うと、Wi-FiがあればSIMカードがなくても、データ通信を行うことが出来ます

端末毎のデータ通信量はSIMカードごとに計測され、電話番号もSIMカードに記録されています。そのため、端末を入れ替えても、データ容量はリセットされませんし、電話番号はSIMカードに記録されているものです。
格安SIMとは、大手キャリアから回線を借りるなどして、月額料金を少なく設定しているSIMカードの事を言います。

月額料金を少なく設定している格安SIMの使い方については、それぞれのモバイル端末の取扱説明書に従い、所定の部分に差し込んで使用します。
端末によっては、指定されているSIMカードの大きさそのものが違いますから、対応する大きさのカードを用意する必要があ理ます。また、どんな端末でも対応していると言うわけでもありませんので、購入前に対応状況を確認する必要があります。
ただし、互換性を持っている端末が多く普及しているのも事実です。手持ちの端末で、格安SIMを利用できる可能性は、とても高いと言っても良いでしょう。

どんな端末でも利用可能なのか

では具体的にどのような端末なら利用できるかを見ていきます。
MVNOに乗り換えるときに最もポピュラーな利用端末は、キャリアで使っていた端末をそのまま使うと言うものではないでしょうか。
先ほども少し触れましたが、格安SIMを扱っているMVNOは大手キャリアから、回線を借りてサービスを行っています。

つまり、MVNOの回線と言うのは、大手キャリアのそれと変わりません。
ドコモ回線を利用しているMVNOがあったり、au回線を利用しているMVNOがあったりと言った感じです。
そのため、借りている元のキャリアの端末であれば、多くの場合そのままSIMカードを挿しこむだけで使えます。
ドコモ回線を借りているMVNOのSIMカードであれば、ドコモの端末ならSIMカードを差し込むだけでいいと言うわけですね。

ドコモの場合はこれでいいのですが、auの場合にはVOLTEに対応しているかどうかで、対応が大きく異なります。
また、アップルストアなどで販売されている、キャリアを通さないスマホ、SIMフリーを買えば使えないと言うことはないでしょう。
ドコモ端末でau回線のMVNOのSIM、au端末でドコモ回線のMVNOのSIMは使えないのかですが、SIMロック解除を行えば利用できる可能性があります。

simロック解除とは何か

SIMロックとは、大手キャリアが他のキャリアのSIMカードを利用できなくするため(と言うか他キャリアの回線か)のものです。
あくまで他キャリアの回線ですから、同一回線のMVNOならこの制限にかかることなく利用できます。
このSIMロックですが、その端末のキャリアに申し込めば、解除してもらえます。

ただSIMロックを解除したからと、全てのSIMカードを快適に使えるようになるわけではなく、実際には周波数や端末との相性なども関わってきます。
またSIMロック解除が出来るのは、多くの場合購入した本人のみですから、中古で買ってきたキャリアのスマホのSIMロック解除はほぼできません。
例外的にauについては利用出来るようです。

月額料金を安くするにはsimを理解しよう

SIMカードはややこしい部分もありますが、格安SIMを利用しようと考えた場合、理解していることに越したことありません。
また理解することが出来れば、毎月の携帯代を安くする方法も見えてくるでしょう。

関連記事