格安SIM

現代において、使い方がわかれば問題ない事、というのはたくさんあります。
例えば携帯電話も、細かい部品の名前や、データ通信や音声通話ができる仕組みを知らなくても使えますよね。
simカードも、知らなくていいようなものの1つだったかもしれません。

しかし格安simの存在によって、simカードは知っておいた方がいいものになったと思いますので、簡単にこの2つを説明したいと思います。

simカードは通信や音声通話を行うときに必要

スマートフォンやタブレットといった端末で、データ通信や音声通話を行うときに必要になるICチップです。
ここでいうデータ通信とは、ドコモやauといったキャリアの回線を使った通信を指していますから、wi-fiがあればsimカードがなくても端末だけで、インターネットなどに繋ぐことが出来ます。
またsimカードは利用者を特定するときにも使われます。

例えばデータ容量3GBのsimカードと、そのsimカードを使える端末が2台あったとします。
片方の端末で3GBの容量を使い切ってしまいそうだから、もう片方の端末にsimカードを入れ替えたとしても、simカード単位でデータ容量が決まっていますから意味がないということですね。
それから、電話番号もsimカードに記録されています。

2台の端末に2枚のsimカードがあったとして、simカードを入れ替えたら、電話番号も入れ替わるといった感じです。
入れ替えると簡単に言いましたが、simカードには「標準」「micro」「nano」の3つの大きさがあるため、大きさが違えば使えません。
またキャリアで購入した端末には、他社の回線が利用できないように、simロックというものをかけています。

もしも他社のsimカードを使いたいのであれば、このロックを解除してもらう必要があります。

格安simの特徴とは?

その名の通り、格安で利用できるsimカードの事です。
キャリアのsimカードの利用を止めて、格安simを端末に入れて利用すれば、月額料金が安く(単純に格安simのプランが安い)なります。
肝心のsimカードの料金ですが、端末代金を分割で払っている場合には、月額基本料金+端末代金になりますよね。

その端末代金を引いた部分です。端末を一括で購入している、すでに払い終えているという場合には、月額全てにあたるでしょう。
なぜ格安で提供できるかですが、回線を大手のキャリアから借りているからです。
すでに全国に張り巡らされた回線を使えますから、新たに作る設備は最小限でいいですし、回線を維持するための整備費もかかりません。

他にも理由はありますが、大部分はここが理由と言っていいでしょう。
そのため、利用可能エリアはレンタル元のキャリアと同じになります。
値段の違いですが、条件次第なのでなかなかこうだとは言いにくいです。

ですが例えば、データ容量が5GBの場合、キャリアだと5000円ほどかかります。
一方格安simの場合、5GBに5分以内かけ放題のオプションを付けても3000円に満たないでしょう。

格安simを利用するうえでの注意点

まずドコモメールなどの、キャリアメールを使うことが出来ません。
そのため登録などで利用している場合には、乗り換える前に登録アドレスの変更をしておいた方が良いでしょう。MVNOにはメールがないところが多いですから、フリーメールを使うことになるのも頭に入れておいてください。

通信速度ですが、キャリアの時よりも遅くなるのは覚悟しておいてください。
ただ体感としては、昼食時や終業後などの多くの人が使うとき以外は、不便には感じないと思います。
最後に端末ですが、MVNOがどこのキャリアから回線をレンタルしているのか次第で、キャリアの端末をそのまま使えるかどうかが変わります。

ドコモの回線を使っているMVNOであれば、ドコモ端末なら特に操作は必要ありませんが、au回線を使っていたらsimロック解除が必要になります。
端末によってはsimロック解除を行っても、使えないことがありますから、事前に動作確認済み端末を各社ホームページで確認しておいてください。

利用するには端末が必要

キャリアでは端末とセットにしていることが多いですが、MVNOの場合格安simの値段を表示していることがほとんどです。
端末も販売していますが、表示金額にプラスして端末料金がかかりますから、気を付けておきましょう。

関連記事