双方のスマホの違いを確認する男性

スマートフォンというと、OSや機種など様々な違いもありますが、SIMロックやSIMフリーといった専門性の高い違いも含まれます。特に、後者は日常的に使う言葉ではありませんので、興味をもって調べてみないことには、分かりにくい話題かもしれません。
そこで、SIMフリーとSIMロック解除の違いについて分かりやすく説明します。

simロック解除の特徴

SIMロックとは、大手キャリアが自ら販売している端末で、他社のSIMカードを使えなくするためにつけた制限のようなものです。
ただし、自分のところの回線を使っているMVNOのSIMカードなら使えるため、他社回線といった方が正しいかもしれません。
SIMロック解除をすることで、他社の回線も使えるようになるというのが基本的なものになります。

キャリアから買った時点で、ある程度の設定はされているため、そういった手間がかからず、同一回線のMVNOに移転するときには、周波数を気にしなくてもいいというのが大きな特徴になるでしょう。
また、端末依存のおサイフケータイや、緊急速報などの機能は当然ついていますから、MVNOに乗り換えた後、使いたかった機能がない事態は少ないと思います。
ただし、面倒に感じる部分もいくつかあり、例えば、ドコモ端末でのテザリングはドコモでしか行えません。

同一回線のMVNOでも、ドコモの端末でテザリングをしようとすると、接続先が勝手に切変わってしまう為、利用することが出来ません。
また、auのVoLTE対応端末を使うときには、SIMロック解除が必須になるうえ、VoLTE非対応のSIMカードを使うことはできないようです。
機能面だけではなく、このような面においても、SIMフリーとは少し違うのがSIMロック解除の端末です。

simフリー端末の特徴

SIMフリーとは、キャリアから購入するものとは違い、SIMロックが初めからついていないものを指します。
iPhoneなどは、キャリア向けの端末もありますが、SIMフリーの端末もありますから、一度調べてみると面白いかもしれません。
キャリアのスマホは、自社の回線に合った端末を販売していますが、SIMフリー端末では、自分自信で使えるかどうかを確認しないといけません。

例えば、周波数が対応しているか、どれが対応していたらいいのか、技適マークがついているのかなどです。
周波数はその特性上、日本国内で全く使えない端末というのは扱われていないとは思いますが、それでも地方や山奥、屋内だと利用できないものがいくつもあるでしょう。
技適マークがついていない端末は、使ってしまうと、電波法に抵触してしまいます。

ですが、対応周波数自体は、キャリアのものに比べて多いことが多いです。
そのため、海外でも現地のプリペイドSIMなどを買って、使える可能性があります。
先ほど名前を出したiPhoneは、対応周波数も多く、日本だけではなく世界中で快適に使うことが出来るでしょう。

日本独自の周波数には弱いですが、プラチナバンドが受信できるのであれば、不便さを感じることは少ないと思います。

自分に合った方を選択する

SIMロック解除をした端末は、日本国内で販売されている同端末と同じキャリアの回線を利用する場合には、確認作業を省くことができるため、安心して扱うことができます。
特に、大手キャリアの端末を同じキャリアの回線で使用する場合、SIMロックを解除する必要がないことがほとんどです。
別会社の回線のSIMカードを使うために、SIMロックの解除をするわけですが、他社回線を使う場合には、SIMカードと端末の使用可能な周波数が一致していることの確認が必要になります。

そのため、auのVoLTE対応SIM以外では、無理に解除する必要はないかもしれません。
SIMフリーは、海外によく遊びに行くという人にとっては、とても便利なものになるでしょう。
また、キャリアの端末に比べると、値段が安いものもあれば高いものもあり、性能も様々で、自分に合った一台を探す楽しみがあります。

経験を積んで知識を身につけると、キャリアのスマホでは届かなかった痒いところにまで、手が届くような端末を見つけることが出来るようになります。
そういった意味では、SIMフリーはやや上級者向けと言っていいかもしれません。
知識はないけど、SIMフリー端末が欲しいという場合には、MVNOがセット販売しているものがSIMフリーですから、それを購入し、試してみると良いでしょう。

よくわからない時は

MVNOの多くはドコモの回線を利用しています。
そのため、よくわからなければ、ドコモの端末を用意しておくと、大体の事には対処できるでしょう。
テザリングについてはネックになりがちですが、VoLTE関連での確認の複雑さはなく、比較的無難な選択肢と言えます。

関連記事