キャリアよりも安い価格で携帯電話を持つことができる格安スマホ。最近では格安SIMを使って既存のスマホでも安く通話・通信料を抑えることができるようになりました。しかし良いことはそればかりではなく、特殊詐欺をはじめとするニセ電話詐欺に活用されることも多くなっています。

ニセ電話詐欺に使われる背景

振込や還付金詐欺などが代表されるのがニセ電話詐欺。現在はナンバーディスプレイがあり、非通知の電話を不審と感じて出ない人も多くなりました。そのため通知番号が必要となり、それによって詐欺グループの足が付くことが予想されます。だからこそ足がつかないようにするため、MVNOが提供する格安スマホを使っていることが多いです、

MVNOを利用するとなぜ安いのか?

仮想移動体通信事業者と呼ばれ、大手通信事業者のキャリアと呼ばれるドコモやKDDIから回線を借りてサービスを提供する方法です。大手キャリアよりも通話・通信料が安く、自分のスタイルに合わせて料金体制を決めることができることから、とてもお得に使うことができるサービスになります。

格安スマホを使った方法は詐欺グループの手口です

安いから詐欺グループに使われていることは否定できませんが、もっと深い事情がそこにはあります。大手キャリアと契約を結ぶときは、店舗に行き身分証明書を確認して行うことになるでしょう。しかしMVNOは無店舗であり、ほとんどインターネットを使ったやりとりで契約を行います。

身分証明書もカメラで撮影したものを送信することから、偽造の証明書を使っていてもなかなか見破ることができません。

また偽造の証明書も当然空き地などの住宅地を住所にしており、そこに購入した格安スマホやSIMを送らせるようにしています。よってなかなか足が付きにくい状況であり、これを詐欺グループは悪用して人々を騙しています。

安いメリットがあるが詐欺に巻き込まれる可能性も

格安スマホを利用する側にしてみれば、自分のスタイルに合わせることで安く利用することができます。大手キャリアを利用していたときよりも、3分の1ほど費用を抑えることに成功した人もいるくらいです。

格安スマホは安いメリットがありますが、このようなニセ電話詐欺に巻き込まれる可能性があり、安いメリットの恩恵を受けている人も例外ではありません。

普通に使う分には問題ない

もちろん詐欺グループに属していない方であれば、まったく使う分には問題ありません。しかし巻き込まれる可能性があることには十分気を付けておきましょう。安いというのは裏があり、それを悪用する反社会勢力があることにも関心を持っておくべきです。