以前と比べ、最近は北朝鮮のミサイル発射実験が増えてきています。
この件について政府は「Jアラート(全国瞬時警報システム)」の受信を呼びかけていますが、格安スマホでは受信できない可能性があるようです。

そのため格安スマホの利用者には、専用アプリのインストールが求められています。

格安スマホ向けの専用アプリ

北朝鮮の弾道ミサイル発射の影響が国内にも出る可能性があることから、私たちは事前にミサイル情報をキャッチしておく必要があります。

このミサイルについての情報は、政府が発信するJアラートによって受信できます。
Jアラートは、緊急時に届くスマートフォンなどの緊急メールにも自動配信されるのが特徴です。

しかしすべての人たちが同じスマートフォンを使っているわけではなく、その中には格安なスマートフォンを利用している人もいます。

この格安スマホが問題になっており、格安スマホは専用アプリをインストールしないと正確な情報を得ることができません。

そこで政府は、格安スマホを使用しているユーザーに対して、Jアラート情報を自動的受信できる専用アプリの活用を呼びかけているのです。

この政府の呼びかけに対して、楽天モバイルなどの民間業者も、ウェブサイトにおいて専用アプリのインストールを呼びかけています。

注意しておきたいポイント

ニュースなどでは、格安スマホの利用者であっても専用アプリをインストールすれば、「Jアラート(全国瞬時警報システム)」を受信できると言っています。

しかしここで押さえておくべきことがあり、それは一部のスマートフォンには受信できるものがあるということです。

実際に情報を受け取れる格安スマホもあり、対応機種についての情報は、格安SIMや/格安スマホを販売している各社が提供しています。

「格安SIMの間違いでは?」と思う人もいるようですが、実際に問題になるのは端末自体の方です。格安スマホの会社は、ドコモ、au、ソフトバンクの回線を借りて情報を発信していますので、Jアラート情報を受け取れるかどうかは、会社が使用している端末に大きく影響してきます。

そのため、たとえ専用アプリをインストールしても、Jアラート情報そのものは受け取れない可能性もあります。ニュースなどでは「Jアラート情報を自動受信できる専用アプリ」と伝えていますが、大切なのは、Jアラートの情報を自動受信できる専用端末であることです。

また「Jアラート」はもともと情報提供システムそのものの名前であり、本来は情報の迅速性に特徴があります。このような情報は早いほど効果があり、アプリではJアラートの情報を受信できますが、その速報性までは保証してはいません。

格安スマホのユーザーは、この点についても理解しておく必要があります。

Jアラート情報を受信できる専用アプリについて

それでは政府が言っている、Jアラート情報を受信できる専用アプリとはどのようなものでしょうか?NHKのニュースなどでは、専用アプリ自体の名前が報道されませんでした。

その点については、楽天モバイルが専用サイトなどで説明していますので参考にしてみてください。サイトでは(Android版)や(iOS版)など、専用のアプリを紹介していますので一度確認しておくといいでしょう。