注意喚起する女性イラスト

MVNOの取扱会社が増えて、SIMフリーの端末が日本でも発売されています。
また、ネットの発達によって、海外の安価なSIMフリー端末を手に入れる事も容易になりました。
自分の好みの端末を選んで購入することで、出来る幅広さや、どのMVNOでも基本は利用できるという点においては優秀かもしれませんが、購入に当たってはいくつか注意しておかないといけません。

技適マークがついているかどうかをチェックしよう

極端な話ですが、例えば、海外から取り寄せたSIMフリーのスマートフォンに利用したかったテザリング機能がついていなかった場合には、自己責任と言う話で、それ以上の大きな話になりません。
もちろん、自分の確認不足で上手く動作しなかった場合も同様のことが言えるでしょう。
しかし、技適マークに関しては、それだけでは終わりません。

技適マークとは簡単に言うと、電波法に基づいて製作した、電波法上問題ない製品につけられるものです。
もしも、技適マークのついていない端末を使ったとしたら、電波法違反になってしまいます。
極端な話ですが、犯罪として扱われてしまうことになります。

キャリアが販売している端末や、MVNOが販売している端末にはすべてに技適マークがついており、問題になるのは、海外で購入した端末についてです。
電波法は日本の法律ですから、仮に条件を満たしていたとしても、申請が行われていたいないために、認証を受けていない端末もあります。基準を満たしていないために、申請そのものがなされていない場合も考えられます。
購入しようとしている端末に、技適マークがついているかを判断するには、法務省のサイトにて検索をして、確認すると良いでしょう。

また、世界各国で販売されている製品の中には、日本向けに発売されたものには技適マークがついていても、別の国で発売したものにはついていない場合がありますので、注意が必要です。

周波数が対応しているか

SIMフリーで気を付けておきたいのが、周波数が対応しているかどうかです。
ドコモ回線を使うのであれば、ドコモの端末もしくはドコモ系MVNOの端末を使えば、周波数が対応していないと言う事はないでしょう。
またイメージとして周波数を分けたbandと言うものを、各キャリアが利用しているのですが、特にband1に関しては、大体どこの端末でも利用できますし、どの端末でも受信することが出来るでしょう。

それから、ドコモとauで利用している多くの周波数が違うため、au回線で利用できていても、ドコモ回線のSIMカードを入れたら電波が悪くなるかもしれません。
特にSIMフリーを買う場合には、対応周波数に気を配って買った方が良いでしょう。
どうしても周波数についてよくわからないという場合には、MVNOが用意している端末を購入してもいいかもしれません。

au系の回線を使う上での注意点

近年新しい技術として、VoLTEと言うものが注目を集めています。
このVoLTEですが、auに限り明確に分けられています。
またVoLTEを使うには、対応SIMカードと対応する端末が必要です。

今回他社の端末に関しては、考えないものとしてau端末と、SIMフリー端末で考えてみます。
まず、auの端末ですが、VoLTE非対応端末は、VoLTE非対応SIMであれば利用できます。
同じくVoLTE対応端末に、VoLTE対応SIMであれば使うことが出来ます。

ただし、VoLTE対応端末を利用するには、SIMロック解除が必要です。
また、上記以外の組み合わせでは、利用できませんから、周波数同様、MVNO側が用意している端末を使うと良いでしょう。

間違えると利用できずに料金の無駄になる

周波数については多少違っても、利用出来る事があります。
しかし、残りの2つはうっかり確認忘れていた、というだけで利用不可能になることがあります。
SIMフリー端末を購入する際には、検討段階から出来るだけ慎重になるようにしましょう。

関連記事