白ロムとSimフリーの疑問を持つ男性

格安simに乗り換えるために、情報を集めていると出てくるのが「白ロム」や「simフリー」です。
はじめて聞いた人はもちろん、何度か目にしたことがある人でも、この2つの違いをちゃんと把握しているという人は少ないのではないでしょうか。
この2つ似ているようで、結構違いますから、きちんと区別しておきましょう。

白ロムとは何か

現在では「simカードの入っていない状態の端末」の事を指しています。
以前は端末内に直接データを書き込んでいたため、メモリ(ロム)に記録がない状態の事を指していましたが、現在ではsimカードに契約者情報が記録されているため、simカードを抜いた状態を白ロムと呼んでいます。
もっと大雑把に考えるなら、中古品で売られているものと考えてもいいでしょう。

後に紹介するsimフリーも考え方によっては、白ロムたりえるのですが、多くの場合白ロム=キャリアの端末からsimカードを抜いたものになっているようですから、ここでもその定義で話していきます。
キャリアの端末ということで、何もしていなければsimロックがかかっています。

またsimロックを解除するためには手数料がかかる場合もあるため、多くの白ロム端末は解除されていないと考えた方が良いです。
simロック解除がされていない前提で考えると、中古で購入した白ロムを使うためには、販売元のキャリアと同じ回線のMVNOを利用する必要があります。
ドコモの端末を買った場合には、ドコモの回線を利用しているMVNOを選ぶということですね。

現状多くのMVNOはドコモの回線を利用していますから、中古で端末を買ってMVNOを利用したいという場合には、ドコモ端末を買っておくと良いでしょう。
逆にソフトバンクの回線を利用しているMVNOは存在していないため、気を付けてください。
また中には、端末料金を払い終わっていないのに売った「赤ロム」と呼ばれるものが出回っています。

赤ロムはロックがかかってしまいMVNOのsimを入れても利用できなくなるうえ、赤ロムかどうか判断のしようがないため、信頼のおけるお店で購入した方が良いでしょう。

simフリーとは何か

大手キャリアと契約しなくても新品(新古品は含まない)で買えるものは、simフリースマホだと言っていいでしょう。
簡単に言ってしまうと、初めからsimロックがかかっていない端末の事です。
ロックがかかっていないため、どのsimカードを入れても大体は利用することが出来ます。

世界各国で使うことを目的としているものもあり、対応周波数が幅広く、海外でも現地のsimカードを入れて利用できる可能性は高いでしょう。
白ロムの場合、対応周波数が日本のものしかない可能性があり、海外ではうまく利用できない可能性があります。
逆に日本特有の周波数に対応していないこともあるため、特に海外のものを買う場合には周波数が対応しているかの確認が必要です。

料金は1万円台の安いものから、数万円の高いものまで幅広く、自分に合ったものを選ぶこともできるでしょう。

白ロムとsimフリーの違いまとめ

白ロムは基本的にsimロックがかかったままの可能性があります。
加えて本人以外でsimロックを解除できるのはauだけですから、MVNOが利用している回線がどこなのかの確認はちゃんと行っておきましょう。
simロックが解除されていた、解除したものであれば、あまりsimフリー端末との違いはありませんが、全く同じではなく白ロムでは利用できない機能がある場合もあります。

周波数についてですが、白ロムを回線元と合わせて使う場合には、気にする必要はありません。というのも、ドコモ端末は当然ドコモの電波を受信できるようになっているからです。
simフリー端末を使う場合には、simカードとの相性を白ロムほど考えなくていい代わりに、対応周波数には注意が必要になります。

どこで使うか、どのようなsimカードを使うか考えて

考えるのが面倒だからと、simフリーの対応周波数が広いものを選ぶのもいいかもしれませんが、その分料金は高くなるでしょう。
日本でドコモ回線のMVNOを利用するのであれば、ドコモの白ロムを中古で買った方が、新品のものを買うよりも安く抑えることが出来るはずです。
周波数がよくわからないという場合にも、後者の方が良いでしょう。

関連記事