Pocket

SIMに以降する初期費用

引っ越しをしたら、敷金や礼金などでお金が必要になることもありますし、大きな買い物をしたら頭金として何割かを払うことがあります。格安SIM・格安スマホも、乗り換え時に費用が必要となります。では、いったいいくらくらいかかるのでしょうか。分かりやすく、説明します。

登録事務手数料

新規契約、乗り換えどちらであっても、最初に事務手数料がかかります。
金額的には、3,000円前後が多いです。
それから、SIMカードを発行するにあたっても、手数料がかかり、金額としては数百円程度になりますから、ここまでで4,000円ほどに費用になるでしょう。

ただし、多くのMVNOが生まれてくる中で、顧客獲得のためのサービスがいくつも見受けられます。
中には、事務手数料が不要になるところや、事務手数料はかかるものの、月額料金に関しては初月は無料となっているところもあります。
事務手数料に直接かかわってくるわけではありませんが、端末とセットで新規登録や他社から転出してきた場合に、お金がキャッシュバックするようなキャンペーンもあります。

この料金に関しては、やり方次第では、1円もかからずに手続きできる可能性があります。

端末の料金

次に、必要になるのが端末本体の費用です。
ただし、MVNOへの転出では、それまで使っていた端末が使える可能性があり、端末代金が1円もかからない人もいるでしょう。
ですが、手持ちの端末が使えなかったときや、乗り換えを期に新しい端末にしようと思えば、それだけのお金が必要になります。

MVNOでセットで販売しているものもありますから、そこで買っても一考です。
金額は安いものだと数百円のものから、数万円に及ぶものまで様々です。
それ以外の方法としては、SIMフリーの端末を自分で買う方法もあります。

SIMフリーの端末は、インターネット通販でも多く取り扱っているため、手に入れること自体は難しくありません。
料金はセット販売と同じく、かなり幅広く、たくさんの会社で作られていることもあり、選択肢は無数にあります。
どうしても高性能の端末が欲しいとか、逆に機能は最低限でいいという場合には、その理想に沿った端末を見つけることが出来るのではないでしょうか。

人気のものとしては、2万円から3万円ほどのものになるそうです。
それから、中古のキャリア端末を買うという手もあります。
リサイクルショップや専門店などで販売されていて、中古ですから料金的には割安です。

SIMフリーとは違い、中古で買ったキャリア端末は、販売元の回線を使っているMVNOでないと、ほとんどの場合利用できません。

MNP転出の特徴や違約金

MNP転出とは、電話番号を変えずに会社を超えて乗り換えることが出来るというもので、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)という言葉を知らなかったという人でも、こういった制度がある事自体は聞いたことがあるのではないでしょうか。

MNP転出を行うときには、転出元の会社に頼んでMNP予約番号をもらいます。
この時に、大体2,000円程度の手数料が必要になります。

ここまでの単純な計算で、キャリアから端末を変えずに格安SIMに乗り換えようと思ったら、5,000円ともう少しくらいのお金が必要と言えます。

これだけで終わればよかったのですが、キャリアだと2年の縛りがあるのがほとんどだと思います。
その更新月であれば、支払うべきお金が増えることはないですが、もしも更新月ではなかった場合、1万円弱程度の違約金を払うことになります。

つまり、端末を除いた初期費用 < 違約金ということになります。

更新月は逃さずに乗り換える

初期費用に関しては、端末を新たに購入するのかどうか、違約金が発生するかどうかによって、支払う金額が大きく変わってしまいます。
しかし、滞りなく進められれば、すべての費用を合わせても1万円かかりませんから、できるだけ違約金が発生しない更新月に乗り換えられるように準備を進められるようにしましょう。

関連記事