スマホの対応周波数について

大手キャリアの携帯だけを今まで運用してきた人にとって、周波数帯というのは特に知らなくても問題なかったのではないでしょうか。
しかし、格安simを使おうと思ったら、ガラッとその認識は変わるかと思います。
中には周波数を気にするのが面倒だから、格安simにするのをためらっているとい人もいるかもしれませんね。

そこでここでは、周波数とは何かを説明していきます。

対応していないと電波をキャッチできない

携帯電話における周波数・周波数帯は、まず2つに分けられます。
1つがデータ通信を行うLTEで、もう1つが音声通話を思うに行う3Gです。
LTEが圏外で、3Gが圏内の場合には、データ通信も行うようです。

3Gは携帯だとさらに、W-CDMA(UMTS)とCDMA2000の2つがあります。
LTEと3G(W-CDMA、CDMA2000)はさらに、bandというもので分けられて、表記としてはband1、band2といった形で行われます。
また2GHz帯や800MHz帯というときもあります。

このbandは周波数をなんとなく分けたようなもので、特にこれといった深い意味はないようです。
それから、band1や2GHz帯と言った書き方があるため、混乱するかもしれませんが、この2つの組み合わせは固定です。
例えばband1は2GHzですし、band19は800MHz帯といった感じです。

band→Hzだとあまり難しくはないのですが、Hz→bandは分かりません。
例えばband19は800MHz帯ですが、800MHz帯には、band18、band26、band6などがあります。
2GHzのように高周波数であるほど、通信速度は速いですが、障害物に弱くなり屋内でなどに電波が届きにくくなります。
逆に低周波数であれば、建物仲間で電波が届くようになるでしょう。

スペック表で見かけるLTEや3Gとは一体何か

スペック表で対応周波数を見ていると、LTEやW-CDMA、UMTSなどの表記の後に、band○○や800MHzのようなことがかかれていると思います。
それぞれそういった名前の回線があるのだと考えてもらえばいいと思いますが、もう少し違いを話すとLTEは4Gという新しい世代のもの(正確には3.9G)で、W-CDMAやCDMA2000が3Gという世代がひとつ前のものになります。

LTE(4G)はデータ通信を行うときに使われ、新しいだけあって通信速度が速いですが、エリアが3Gより狭くなっています。
3Gは主に音声通話で使われ、4Gが圏外で3Gが圏内であれば、データ通信でも使われます。
そのため、現状どちらにも対応していることが望ましいでしょう。

分けられている以上、スペック表で対応周波数を確認するときも、それぞれ個別に見てください。

3Gについてもう少し詳しく

LTEは各社統一されていますから、あまり気にしなくていいです。
VoLTEに対応しているかどうかくらいはありますが、ドコモだと互換性がありますし、周波数の話とも少し違うので、割愛します。
LTEと比べて少し厄介になるのが3G回線です。

日本国内で関係してくる3G回線の規格は、W-CDMA、UMTS、CDMA2000になります。
W-CDMAとUMTSは表記こそ違いますが、同じものですから、計2つあるわけですね。
日本ではW-CDMAが使われることが多いですが、海外だとUMTSが使われています。

3大キャリアでW-CDMAを利用しているのが、ドコモとソフトバンクで、auだけがCDMA2000です。
これらは同じ3G回線ではありますが、規格が違う為、確認するときは別々のところを見ることになります。
仮にLTEとW-CDMAの全てのbandに対応している端末があっても、CDMA2000に対応していなければ、au回線のsimカードで音声通話は行えないということです。

どの端末にもこの2つの規格が対応していたらいいのですが、CDMA2000は世界的にも珍しく、対応していない端末が多いため、新しく端末を買う際には注意が必要です。

simカードを入れても繋がらない時には

周波数が対応していないと、端末がsimカードを認識しても携帯電話として利用できません。
simカードを入れても電波を受信しない時や、通信速度が遅いなと感じるときには、対応周波数を見てみるといいでしょう。

関連記事