端末の入手方法について考える

格安SIMを購入する場合、スマートフォンの端末は自分で用意することが出来ます。
ですが、スマートフォンをどこで手に入れたらいいのかわからない、という人もいるのではないでしょうか。
そこでここでは入手方法について、わかりやすく説明します。

元々使っていた端末が使える可能性も

機種変更や解約、乗り換えなど様々な理由はあるとは思いますが、以前まで使っていた端末が手元にあるという人もいるのではないでしょうか。
MVNOに乗り換えるときには、その端末をそのまま使える可能性があります
例えば、ドコモで買った端末で、ドコモの回線を使うMVNOと契約した際には、手元に残った状態の端末を使うことが出来るでしょう。

ですが、ドコモで買った端末で、auの回線を使うMVNOと契約した場合、SIMロック解除を行わなければ、SIMカードを使うことが出来ません。
すでに解約済みの端末あっても、解約からそれほどの期間が過ぎていなければ、店頭にてSIMロックを解除することができます。
ただし、SIMロックを解除しても、対応周波数があっていない場合などは満足に使うことが出来ない事もありますから注意が必要です。

元々使っていた端末を使う上での利点は、その端末がどのような状態にあるものなのか素性が分かることです。
後ほど説明しますが、SIMカードが入っていない白ロムは中古でも購入できますが、中には買ったは良いものの、使うことが出来ない赤ロムなどがあり、そういった心配をしなくて良いわけです。
また、端末に入ったデータはそのままですし、使い慣れた端末を使い続けることが出来ます。

simフリー端末の入手方法

SIMフリーとは、初めからSIMロックがかかっていない端末の事で、SIMロックを解除したキャリアの端末とは少し違います。
様々な会社、様々な国で発売されていて、低価格を売りにした低スペックな端末から、ハイスペックな端末までたくさんの種類があり、中にはスペックに比べて値段が安いものまで幅広く種類も豊富です。
Amazonなどのネット通販でも取り扱われていますが、端末の仕様を確認したくても詳しい情報が掲載されていないことがあります。

そのため、端末の購入を検討している場合には、端末の販売元のホームページでスペックを確認しておきたいところです。
値段やスペックの自由度が高い代わりに、それなりの知識が必要になる端末だと考えてくれたらいいのではないでしょうか。

白ロムの入手方法

白ロムについては少し触れましたが、SIMカードが入っていない端末の事です。
SIMフリー端末にもSIMカードは入っていないですが、白ロムという場合、キャリアの端末だったものからSIMカードを抜いたものを指します。
中古屋やリサイクルショップなどに行くと買うことが出来るため、中古として値段もかなり安いものが見つかるでしょう。

しかし、外見だけでは端末の状態がよくわからないことが難点です。
どのキャリアの端末なのかについては、調べれば分かる場合もありますが、SIMロック解除をしているのかどうかについては、見た目だけではわかりません。また、au端末以外のキャリアは、端末を契約した本人でないとSIMロックを解除してくれません。

SIMロックされている場合には、手に入れた端末にMVNOの方を合わせれば良い訳ですが、中古で購入した場合の問題点としては、最後まで支払いが終わった端末なのかがわからないことです。
端末を手放してしまう人の中には、24回の分割払いなどの支払いが残っているにも関わらず売却してしまう人もいて、そのように手放された端末を赤ロムと呼ぶことがあります。

赤ロムは支払いが滞ってしまっているために、ロックがかけられている可能性があり、例え安価に購入することができたとしても使うことの難しい端末です。
お店の人に尋ねてみると答えてくれると思いますから、購入前に忘れずに確認するようにしましょう。

セットで売っているものを購入するのが無難か

それまで使っていた端末であっても、端末とSIMカードの相性などで、上手く使うことができないことがあります。
実際にSIMカードを差し込んで使ってみたところ、上手く使えなかったというときには、問題が解決するまでの間はスマホが使えない期間が出来る可能性がありますから、絶対に失敗したくないという人は、セット販売されている端末とSIMカードを買ことを検討するのも一つの選択肢と言えるのではないでしょうか。

関連記事