Pocket

通信の方向のイメージ

日本では特に上に行くわけでも下に行くわけでもないのに、「上り」とか「下り」が使われることがあります。
国道や鉄道であれば、都市部(特に東京)に向かうときに「上り」、逆を「下り」と言いますが、通信における上り下りとは一体何なのでしょうか。分かりやすく説明します。

データが向かう方向の事

道と同じく方向を指しています。データをスマートフォンから送るのか、データをスマートフォンに読み込むのか、といった方向です。
ですが道とは違い、データ通信には都市部は存在していません。
ではどちらが上りで、どちらが下りなのかという話ですが、アップロードとダウンロードを思い浮かべてみるとわかりやすいと思います。

端末からデータを送る時、写真をSNSに投稿することなどをアップロードと言いますが、アップというだけあって、こちらが上りです。
逆にインターネットのデータを取り込む時、アプリをスマートフォンに入れるときなどでダウンロードを使うと思いますが、ダウンですから下りになります。
キャリアでもMVNOでも構いませんが、ホームページで通信速度を見た場合、上りと下りという表現をしているかと思います。

そしてよくよく見てみると、上りの速度と下りの速度は結構違っています
多くの場合下り速度の方が速く、多くの場合下りの方が重要になるため、通信速度を示す時には下りの速度を書いていることが多いです。
しかし中には上りの速度を書いていることもあるようで、その数字が上りなのか、下りなのかを確認する必要があるでしょう。

通信速度のbpsとはどういうことなのか

通信速度で使われるのが「bps」という単位です。
bits per secondの略称で、1秒間に何ビットのデータを通信できるのかを示しています。
上りだと1秒間にアップロードできるデータ量、下りだったら1秒間にダウンロードできるデータ量ということです。
単位が同じであれば、前についている数字が大きいほど速いということになります。

単位の話ですが、「bps」の前にGやMなどがついていることがほとんどではないでしょうか。
k(キロ)<M(メガ)<G(ギガ)と大きくなり、1つ大きい単位になるときには訳1000倍されると考えてください。
1,000bps≒1kbps、1,000kbps≒1Mbps、1,000Mbps≒1Gbpsといった具合です。

正確には1,024bps=1kbpsといった感じなのですが、1,000倍と言われることもあるためこのようにしています。
スマートフォンを使っている中だとみても、Mbpsくらいまででしょう。
注意しておきたいのがbpsの「b」が「bits」である事です。

よくデータ量を表すときに「B(バイト)」を使いますが、それとは別物になります。
ビットとバイトの関係は、1バイト=8ビットとなりますから、バイトの方が少し大きな単位になります。
見分け方としては、小文字表記ならビット、大文字表記ならバイトですが、混同している人も多いです。

どれくらいの速度があればいいのか

通信速度の話をしましたので、スマホを使う上でどれくらいの通信速度があればいいのかを、簡単にご紹介します。
しかしメール1つとっても、文字数や画像の有無などで必要な速度は変わりますし、個人によってもストレスの感じ方は変わりますから、目安程度に考えておいてください。
まず「メッセンジャー」「メール」「LINE」などは、100kbpsから1Mbps程度あればいいと言われています。

1Mbpsが必要になるのは、画像を送信しようとした場合ですから、文字だけなら200kbsもあれば充分という人もいるでしょう。
ホームページの閲覧だと200kbpsから2Mbpsといったところです。
これも画像や動画がどれくらいになるか次第にはなりますね。

同じページであっても、広告次第では必要速度が変わる可能性もあります。
Youtubeなどで動画を見たいのであれば、5Mbpsもあれば充分です。
低画質の短い動画になると、1Mbpsでも足りるかもしれません。

人によっては1Mbpsも必要ないと思うかもしれません。
また、通信速度を示すものとして見にする記述として「最高通信速度」で225Mbps等書かれていることがありますが、実際には、様々な要因が影響するため、それほどまでの速度は出ないと考えた方が良さそうです。

基本的には下り速度に注意して

スマートフォンを使って、そんなに大容量のものをアップロードすることは少ないのではないでしょうか。
大きくても撮った写真をSNSに載せるくらいになると思います。
たいして、下りは動画の視聴などにもかかわってきますので、速度を見るときには下りに特に注意してください。
文字媒体しか使わないという人であれば、下り速度もそんなに必要ではないでしょう。

関連記事