ドコモauといった大手キャリアでは、家族とは電話通話料が無料であるとか、ドコモ同士であれば無料であるとか、音声通話に対して手厚くサービスがなされている傾向にあります。しかし、MVNOは、そこまで通話に対して力を入れているところは少なく、そのために格安SIMに乗り換えても、通話料が高くなり、乗り換え前とあまり変わらないということもありそうです。
そこで、様々な通話オプションをについて探してみましたので、わかりやすく説明します。

通話料は基本的には30秒で20円

安い通話料金

格安SIMの通話料は20円/30秒というのが基準になっています。
大体どこの会社を見ても、何もしなかったときの料金はこれくらいになるでしょう。
またSIMカードにも種類があり、データ通信専用のものや、SMS機能を付けたもの、音声通話機能を付けたものといった感じです。

当然通話をするには、音声通話機能付きのものを選ぶ必要があるのですが、データ専用SIMと比べると、月額大体700円ほど高いです。
通話料に関してですが、MVNOの中には独自の電話アプリがあるところがあり、そのアプリを使うことで通話料が10円/30秒の半額になります。
また、LINEやスカイプなどの通話可能なアプリを使えば、音声通話機能を付けずともデータ専用SIMを使って、無料で相手と通話することができます。
ただし、LINEは認証するときにSMSが必要で、SMS機能を付けるには月額で150円程かかります。

電話かけ放題プランについて

MVNOだとかけ放題のプランは、1回5分以内かけ放題とか、3分以内かけ放題といった内容がほとんどになります。
比較的目にすることが多いサービスは、1回5分以内なら何回でも、かけ放題というものでしょうか。
簡単な報告や連絡といった要件を伝えるだけなら、5分間でも充分という人もいますし、不便はないかもしれません。

もしも、一回の通話時間が5分を過ぎた場合には、超過分の通話料が請求されます。
仮に10分電話をしていたら、超過した5分の料金がかかる仕組みです。
この時20円/30秒が基本ではありますが、10円/30秒になっているところも多くあります。

何分でも何回でもかけ放題というプランがNifMoにはあります。
月額は1,300円で、フリーダイヤルや3桁番号などの例外はありますが、普通に電話するだけなら問題なくかけることが出来るでしょう。
NifMoのかけ放題を使う上で気を付けてほしいのが、まず90分で切れてしまうことです。

5分かけ放題も、5分ごとにかけなおせば料金はオプション代だけで済みますが、5分ごとにかけなおすのと90分ごとにかけなおすのでは、体感すると全くの別物だと思いますので、通話が中心と考えるなら、選択肢の一つとして考えても良さそうです。
注意しなければならないことは、NifMoのかけ放題は、いわゆるIP電話になります。

インターネットを介して通話を実現するため、データ通信として行われるものです。
そのため、データ容量には気を付けるようにしてください。

1ヶ月○○分定額について

1ヶ月650円で60分定額っていうのが、BIGLOBEのオプションで、似たようなオプションをやっているところがあと何社かあります。
改めて説明することもないと思いますが、データ容量みたいなものですね。
60分までなら650円、それ以降は通常の通話料金になりなります。

ですから1ヶ月10分しか話さなくても650円です。
余談ですがデータ容量の場合、容量をオーバーしたら低速モードに切り替わりますから、正確には異なります。
仮に20円/30秒で計算した場合、650円だと月に17分話せば元は取れますから、BIGLOBEはかなり良心的だと言えます。

同じく60分定額ですが、mineoだと1,680円となるため、その差は歴然です。
ただし、mineoも損しているわけではなく、42分通話したら元が取れます。
こういうオプションは、通話をするかどうかというよりも、60分を少し超えるくらいは確実に通話するであろうという、行動の予定が立っている人の方が割に合っているのかもしれません。

オプションを付けても大手キャリアよりは安い

こういった通話オプションを付けようかと、迷うことは多いと思います。
ですが、どのオプションであったとしても、大手キャリアほど高いものではなく、BIGLOBEでデータ容量6GBに650円のオプションを付けても、月額3,000円には届きません。
ですから、迷ったらとりあえずつけてみて、いらないと分かったら翌月から外すという様子をみながらの運用を試してみても良いのかもしれません。

関連記事