格安SIMの安さの秘密とは

美味い話には裏があると言いますが、格安simも見方によってはその1つですよね。
ですから、格安simにはどんな裏があるのか、どうして安くできるのか、気になる人もいるでしょう。
そこで、なぜ「格安」なのかを簡単に説明します。

回線を大手キャリアからレンタルしている

格安simを扱っているMVNO(例外もあります)ですが、大雑把に言うと無線局を持っていない通信事業者です。
つまり回線がありません。
そのため、大手キャリアから回線を借りて、運営しています。

そうすることで、新たに基地局を立てる投資も必要ありませんし、それらの維持費もかかりません。
MVNOが自前で用意すべき設備は最小限で良いため、キャリアに比べるとかなり低コストで運営することが出来ます。
低コストで運営できるということは、低コストで提供することもできますから、「格安」になっているわけです。

また借りる際、大口でレンタルしているため、ボリュームディスカウントのように費用を抑えることが出来ます。
設備に対してお金をかけなくていいわけですが、全くかけない会社だと回線が重く使い物にならない可能性がありますから、気を付けて下さい。

基本料金にオプションをつけ足していく

多くのMVNOでは、セキュリティやかけ放題など様々なオプションが初めからついているプランというのは殆どありません。
各社の料金表を見てみるとわかると思いますが、基本はデータ通信専用simでデータ容量がどれくらいかで値段が決まっています。
そこにはセキュリティや通話オプションはもちろん、音声通話機能すらついていない状態だと考えてもらっていいでしょう。

殆どの場合、同じ表または近くに音声通話付きsimの料金表もありますが、データ専用simに700円程足しただけの値段になっているはずです。
格安simに乗り換えるときには、たくさんあるオプションの中から自分の好きなものを選んだ合計の金額が月額になりますが、面倒だと感じる人もいるかもしれません。
しかし、オプションを選ぶことが出来るということは、不要なオプションを除外出来る事でもあります。

キャリアのプランでは、通話し放題などのオプションが付いたものが多いですが、通話しない人にしてみたら、不要なものですよね。
仮に格安で提供されていたとしても、利用しなければ無駄でしかありません。
オプションを選ぶというのは、そういった無駄をなくすことが出来るということにもなります。

出来る限り安いコストで運用

最近では違うMVNOも増えてきましたが、基本的にはインターネットで契約して、支払いはクレジットカードのみというのが、格安simです。
今でも多くのMVNOが店舗を持っていないですし、持っていても主要な場所に何店舗かある程度で、地方では見かけたことがないという人も多いかもしれません。
店舗を持たないもしくは、少なくすることで、土地代や維持費などの店舗に関わるお金を使わずに済みます。

また、店舗を建てるとそこで働く人を雇う必要がありますが、店舗がなければそれにかかわる人件費もかかりません。
それから、支払いをクレジットカード1本にすることで、作業を単純、効率化することが出来ますから、やはりコスト削減につながるでしょう。
コストが安くなれば、顧客獲得のためにその分料金にも反映されるため、「格安」を続けることが出来るわけです。

ただし、最近では店舗を増やそうというMVNOや、支払方法に口座振替を採用しているMVNOもあるようです。

格安simで速度に違いがあるのはどうしてか

交換機までの道のりは全く一緒ですから、そこまで速度が変わるものかと思われるかもしれませんが、そこから先が問題になります。
具体的には交換機からサーバーまで回線の接続域と、サーバー自体の処理能力によって、速度の安定性が決まります。
実際の速度の違いは、もっと細かい、時間帯による利用人数や、端末の対応周波数の違い、スマホを使っている場所などの要素が関わってきますから、常に一定の速度というのはあり得ないと考えてください。

ただし、接続領域やサーバーを増強することによって、ある程度の速度は確保することが出来ます。
この2つを見た時、前者の方が効果が高く、後者はそれほど影響はないようです。
ただし接続域は増強しようとすると、大規模な工事が必要になることがあります。

そのためには、長きにわたる準備期間や、通信サービスの停止もあるため、気軽に行えるものではないようです。
ですが、たまに増強のためのサービス停止があるようなところだと、それだけ設備投資に力を入れているということになりますから、選ぶ基準にはなるのではないでしょうか。

APN設定では何をしているのか

格安simが届いて最初にすることが、APN設定ですが、これで何をしているのかご存知でしょうか。
APN設定は、接続先設定などともいわれ、どこのサーバーに繋げるのかを決めているものです。
交換機からサーバーに送られるときに、ちゃんと契約会社のサーバーに送られるのは、これが理由になります。

そのため、設定を行わなければ、LTE回線や3G回線は使うことが出来ません(wi-fiでは利用できます)。
キャリアでスマートフォンを購入した時に、APN設定をしたことがある人はいないと思いますが、それはキャリア側がすでに設定を終わらせているからです。
MVNOでは、自分で用意した端末を使うことも多いですから、自分で設定する必要があります。

利用者には見えない値下げ努力

消費者から見れば、店舗は多い方が何かあった時に安心ですし、支払方法もいくつかあった方が良いと言えるでしょう。
しかし、消費者側が不便に感じていることが、今の値段を維持するためには必要だということもありますから、頭に入れておいてください。

関連記事